FC2ブログ

『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*転がって、目が変わる-12

和叔父さんの視点からのお話、今日でひと段落します。



片手に違和感を覚え、見れば彼女の携帯を持ったままだ。
ちょうど良いとデータをコピーし僕の携帯に転送。そのあと病院へ電話を入れる。案の定む
こう(病院)でもちょっとした騒ぎになっていた。
事情を説明し、今から連れていくことを伝えると安堵の気配が返ってくる。

人騒がせな事をする女だ。
恋は盲目と言うがここまでくると人的被害が半端ない。どうしても排除しなければ。

車椅子を借りタクシーが入る事の出来る場所まで移動している時。
「和叔父さん! 」
背後から声が。
「・・・智?! 」
「智、駄目だ! 」
驚いて振り返れば、智がこちらへ来ようとしている。 のを内海くんが引き留めていた。
無事に戻ってきた様子にホッとしたが、今はダメだ。

携帯を取り出し、智の携帯を呼び出す。
― 和叔父さんっ! 」
もどかしげに携帯を取り出し焦る声に、
「智、無事でよかった」
― うん。。 じゃなくて! 」
「佐田さんは体調がすぐれない。僕が送っていく。心配しないで」
― でも! 」
「声が大きいよ、智。彼女が目を覚ます」
ハッとするのを遠目に見ながら、
「怪我もしているし、病院に送って来るだけだ。智は学際の責任があるんだろう? 僕も見
たかったけど無理そうだから、展示を記録して、後で見せて」
― ・・・。分かった。気を付けて」
智の肩を叩いて、内海くんが何か話しかけている。まぁ、いいだろう。

タクシーに乗り込み、出発した。 ~~


↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

スポンサーサイト



雑談のビックリ箱

雑談のビックリ箱その295

すみません、PCのプログラム再起動をうっかり’ポチッ’としてしまって・・今まで触れませんでした
(T_T)

2月2日に、消印をもらいに郵便局に行ってきました。
2・2・2 。記念になる数字です。
お寺にお参りに行った方もいらっしゃるよう。
去年は5月に年号が変わったのであまりできませんでしたが、今年はあと、 2・3・4、2・4・6と狙って行ってくる予定にしてます
( ´艸`)

そういえば語呂合わせの記念日って、結構ありますね。たとえば。
3/3。 みみ(耳)の日。算用数字の 3 が耳の形に似てる、のもあるんだそうです。
11/11。有名な某ポッキーの日でもあり、犬の日でもあり(ワンワン ワンワン)。侍の日でもあり(十一を縦並びにすると、士になる)。
11/22。もちろん、いい夫婦の日~。

日本人は、数字も日本語、英語読みして面白い文字にしてしまうんですよね。
0101、が、おいわい(お祝い)と読める。 って知ったときはちょっとしたカルチャーショックでした。
某CMでも、♪数字を選んで~とかやってましたっけ。

ああ、車のナンバーで遊ぶときもあります。
「おや、前の車は、0118.おいかずや。だ」 「わー、前の車は0831.明日から新学期だ」  などなど。

さて、ことしから令和何年くらいまで消印を集められるかなー



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*転がって、目が変わる-13

「和叔父さん。
ごめんなさい・・っ! 」
夜、学際の片付けも放り出して和叔父さんの部屋に駆け込んだ。

「お帰り、智。展示は上手くいった? 」
「あ・・うん、評判は良かったよ。みんなで頑張ったし。
・・じゃなくって! 」
「ひとまず落ち着いて。座って」
はい、コーヒー。とちょっと高そうなカップを差し出され、
「あり・がと・・」
うっかり割ったら大変だから、そっと受け取り、できるだけ丁寧にテーブルに置く。そして椅子に座った。

「じゃあ、佐田さん、しばらく病院? 」
「ああ。まずは傷を治すことから始める。そのあとカウンセリングを受けることになる」
「うん。その方が、いいよね・・? 」
昼間の佐田さんの様子を思い出す。
恐かった。

「それで? 今夜はどうするの? 」
黙り込んだ俺を気にして、聞いてくれる。
「ここに、泊ってもいい? 」
「僕はかまわないけど、学校は? 」
「明日は休み」
片付けはパスしよう。
「じゃ、乾杯しようか」
「カンパイ? 」
「そう。学際、成功したんだろう? 」
あ。
「うん」
優しい笑顔に頷くと同時にぐるるる~~っ、と腹の虫が。
「ははっ。お酒より食べ物が良いみたいだね」


ピザ、ピラフ、肉まんに今川焼とアイスまで食べて、
「も~~お腹いっぱい」
「よく食べたね」
冷凍ものの空が積み上がってるテーブルの向かいで和叔父さんが笑う。
「お風呂は、どうする? 」
「ん~~・・、入りたい」
「了解」


↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

雑談のビックリ箱

雑談のビックリ箱その296

日本の食器、って、外国には無い形があるのだそうです。
丸形・四角・三角・五角形にアシンメトリー。笹の葉の形。花びらの形。山椒の殻が割れた形(球体を3等分に割ったような形・・です。あ~~うまく説明できないっっ)

和食器は洋食器に比べて、軽い。という特徴も。
それは食器を手に持って食事するからなのですけど、確かに軽いですね。 さらに、食器の上で肉を切ったりしないので柔らかな印象が。

ほかにも、食器と食べ物の融合、とでも言いたくなる盛り付け方。
料理を食べ終えた皿の中から絵が見えてくるとか。
季節を料理で表すやり方、などなど。

あと、自分専用の食器があるのも珍しいようです。 これ、日本の家の造りにも関係があるらしいとか。
ヨーロッパは石造りの建物が多いですが、日本は木造。
江戸時代、「ニッポン人は、紙と木の家に住んでいる! 」ビックリした! って話もあるそうで。
・・つまり、石の壁より障子や板戸のふが音が通りやすく、プライバシーがけっこう漏れてしまう。だから自分専用の食器などでアイデンティティーを保つ。という意味合いがある。のですって。

まあ、そういうのは置いといて。
陶器、磁器、塗り物、竹。ほかにもあるかもしれません。いろんな食器を使って食べることができる、日本に生まれて良かったなー。

明日も美味しいご飯を食べよう!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ



『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*転がって、目が変わるー 14

和叔父さんのお風呂はジャグジーが付いてる。
なんか良い匂いの中でボーっとしてたらうつらうつらしちゃったらしい。

「智? 起きてる? 」
コンコンコン、と浴室のドアがノックされ
「わわっ! 」
慌ててしまってお湯をバシャバシャ叩いてしまった。
「智?! 」
カラカラッと戸が開きすごく真剣な顔の和叔父さんが俺を見下ろし・・、
「・・。あんまり驚かさない」
少し照れたように笑う。
「ごめん。気持ちよくて寝そうになった」
「それは、心配だな。
よし、僕も一緒に入ろう」

はい??

俺がびっくりしてる間に、ぱぱっと服を脱いで入ってきた!?
「あの、和叔父さん・・」
「ん? 大丈夫。交代に入ればいいから」
「でも俺、もう二十すんだし」
「男同士なんだから平気だよ」
違うんだけど。
「僕と入るのは嫌? 」
「ううん」
それはいいんだけどさ。

いつもと変わらない様子でシャワーを浴びだす和叔父さんの身体、
「・・カッコイイんだね」
「うん? 何が? 」
見上げる背中も、お尻もきゅっと締まってて。
「俺、体鍛えようかな」
優菜ちゃんがカッコイイって思ってくれるように。
「智はそのままが良いよ」
「そーかな」
「そうだよ」

って!?
か・和叔父さん、こっち向くと、前、が・・目の前!


↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


雑談のビックリ箱

雑談のビックリ箱その297

ラジオで、「春が近づき、地方競馬も復活です。今年も ~~ 」と流れてきました。
馬って、綺麗な生き物ですよね。

そういえば馬の種類ってどうなってるの? と思って調べてみたら、、

動物分類学的には「ウマ(正確にはイエウマ)」という単一の種となっています。
現在は主に血統に基いて分類を行うのが主流となっていますが、専門的には200以上の分類方法があるそうです。

そ・そんなに?!  調べられないよ~~~っ! (T_T) 挫けそうになったら、


体格によって大きく5種類に分け、各品種の解説をしています。  なんてお言葉が♡
それでも5つもあるのね・・

①軽種: 主に乗用や、乗用の馬車をひくために改良された品種で、軽快なスピードとある程度の耐久力をもつように改良されている。 そうです。サラブレット的な感じでしょうか。
②中間種: 軽種と重種の中間的な性質を持ち、軽快さと比較的温厚な性質を持つ。競技用スポーツホースから軽馬車を引く馬まで用途に合わせていろいろな品種がある。 これ、写真を見てきましたが①の馬たちとあまり変わらないような…
③重種: 主に農耕や重量物の運搬のために改良された品種。中世ヨーロッパでは重い甲冑を着込んだ重装備の騎士の乗馬とされた。
ばんえい競馬で用いられているのは、この重種。
うん、これは納得です。
④ポニー: 主に農耕や重量物の運搬のために改良された品種。中世ヨーロッパでは重い甲冑を着込んだ重装備の騎士の乗馬とされた。
ばんえい競馬で用いられているのは、この重種。。 え? でも、 ばんえい競馬の馬って結構大きいとおもうけど。。ま、まぁ農耕や重量物の運搬、は合致してるわね
⑤日本在来種: 日本では馬の品種改良の概念が存在しなかったため、時代が下るごとに小型化する傾向があり、ファラベラのような小型ポニーや、シェトランドポニーのような中型ポニーではなく、蒙古馬系に属する比較的大型のポニーに含まれる。

そうですか。大きさや使われ方に因るんですね。

どの馬を見ても、けっこう交配を繰り返してきていました。人間の都合・・とはいえ、そこから美しい馬たちが生まれてきているのも事実です。
馬が主役の映画や絵画もありますし。
馬に乗ると、急に視界が開けるそうです。私はまだ乗ったことが無いのでわかりませんが、人馬一体の経験はすばらしいそうです。
そこまではいかなくても一度乗ってみたいなーー。
真っ黒な瞳や走る姿。釣閣で眺めたいです。

ポニーの種類によってはペットとして飼う事も出来るそう。 ちょっとした人気者になれますね。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*転がって、目が変わるー 15

「智? 」
目が泳ぐ俺に首を傾げながら見おろす。頼むよ和叔父さん、あっち向いて・・。
「のぼせた? もう出るかい? 」
「違っ、前・・っ」
「まえ? 」
俺と同じのがある、だけなんだけど、ガン見するなんて出来ないじゃないか。

内海たちとは裸になっても平気なのに、なんでだろ?

「ちゃんと言って。智」
「・・あの、さ。俺の目の前、和叔父さん、の、が」
「・・ああ! 
でも、こっちを向かないと背中が洗えない」
やっと気付いてくれたけど、困った顔をする。
「じゃあさ、俺が洗うよ」
ざばっと立ち上がった。


ふ・・っと目が覚めた。自分以外の寝息が聞こえる。
横で寝てる和叔父さんだ。
俺の方が疲れてるだろうから、ってソファで寝ようとしたけど俺が嫌だったから
「俺、一緒に寝ても平気だよ? 」
って言って。

寝つきはいい方なはずだけど目が覚めたのは、トイレに行きたくなったのと、和叔父さん。
手が微妙なところにあって、しかも足が絡みついてきてて・・、身動きできない。
(和叔父さん起きてくれないかな? )
意識したらよりトイレに行きたくなって、もぞもぞ動いてみたけど抜け出せない。

とうとう、
「和叔父さん、起きて」
揺すってみた。
「・・・~~ ん」
なんか妙にドキッとする声がしたけど、起きてくれない。



↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


雑談のビックリ箱

雑談のビックリ箱その298

自然の猛威・・的なものをヒシヒシ感じているこの頃です。

そして、話題にしたこともあるかと思いますが、地球が感覚的に狭くなってきているよう。
以前は、海外って泊りがけで行かなくてはいけない場所・・・でした。
今は日帰り可能な地域も多く、自宅のパソコンでどんな遠くの地域でも間近に感じられ。

人の動きが広く複雑になるにつれて、物の動きも早まります。今まで見なかった動植物も見かけるように。
変化していくのが普通なのだと知ってはいますが変化が早すぎる気も。
そして思うのは、人間って進化してる? 退化してる? ということ。

病気を克服するのに一生懸命になって、一部は成功しても新しい病気が出てきてまるでいたちごっこ。
また、生活の質が向上するにつれ欲望がさらに加速してる気も。

周囲を見てみれば’異常な天候’が普通になりつつあって。。
空は青く、月も星もキレイなのは変わらないんですけどねぇ。

動物の動画などを見て癒され、美味しいものを食べて少ーし気分を上げて前向きになってんですけど、庭を見てまた_| ̄|○
雪の少ない冬のお陰で早くも草むしり~~

でも、「これが普通なのかも」と気持ちを切り替え、るようにしています。
見えない不安に負けないように、明日はステーキします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*転がって、目が変わるー 17

(ダメだ。限界)
起こしてしまうかもしれないけど、ごめんね。
ぐい、と腕を持ち上げ脇へ。次は足なんだけど・・、
「・・(わ?! )」
やっとどけた和叔父さんの腕が俺を押し倒す。
(和叔父さん、トイレに行かせてよー)
もう一度腕をどかし、足を持ち上げ、
(う~、足って重たい)
両手足をついて和叔父さんを跨ぐ。

用を済ませて戻ってくると、和叔父さんの位置が変わってた。俺が寝てた壁際でこっち向いてて。
(しかも何か抱っこしてるみたいな)
手の形。
かと言ってそこに寝るには隙間が・・。
しょうがないから起きてもらおうか、と迷っていたら、
「・・んー ~~」

何か、言ってる?

「・・・・」
気になって、そろりとそばへ寄る。ベッドに上がり、じっとしてると、唇が動いた。
「・・、・・・て、・・・く、ん・・」
聞き取れない。
でも、寝顔の眉が寄って、苦しそう。
嫌な夢でも見てるなら起こした方が良いんだろうか?でも、佐田さんのことできっと疲れてる。

そんな様子を見ていられなくて、
「和叔父さん・・、大丈夫。大丈夫だから。俺がそばにいるよ? 」
小声で言って、肩や頭を撫でた。何度も。
寝てても伝わったのか、安心したような、笑顔みたいな顔になる。

良かった。
俺もホッとして和叔父さんの横に潜り込んだ。



↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top