FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』29*すれ違う時間-32


「クリスマスプレゼントかぁ」
去年を思い出し、ウーンと唸る。いい思い出じゃないから。
「あ、楽しい思い出にすればいいんだ」
それなら考えた方が良いな。 ひろさんが欲しいもの、って何だろう。

中畝さんと話をした翌週、俺の中では最後の忘年会、ムラタ文具さんの会場へ向かう。
「今年は中華なの」
と棚坂さんが言ったのは、以前揉めたことがあったせい・・だそうだ。
「何年か前、何を食べたいかで言い合いになって、険悪なムードになったことがあったんですって。それ以来、和・洋・中、その他、を順繰りに。
幹事も楽になったらしいわ」
そういう策(て)もあるのか。

「こんばんは」
「いらっしゃーい」
個室を借り切っての忘年会は、周囲に気を遣わない分あけすけになる。

「新井さん、お腹いっぱいになって帰ってくださいね」
「あ、はい」
「大丈夫よ~~。動けなくなったら私が送ってあげるからぁ」
「いえ、それは」
隣に居た長戸さんが俺の腕に抱きつく。お酒も入って、長戸さんが酒豪だと初めて知った。
「いいじゃないか、新井さん。これを機会に仲良くなっても。こちらは一向に構わないよ」
「えー、長戸さん、それ、ずるいー」
私だって、と脇坂さんまでわざわざ席を立って俺の側に来る。
田畠さん、助けてくださいと目で訴えるが、届いてないみたいだ。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

あら新井君♪両手に花ネェ♪♪←絡まれてるとも言う
腕を絡まれ、そのうちソフトタッチが始まるかもぉ?(* ̄∇ ̄*)
まぁせいぜい上手く交わしなさい❗
新井君がこうなんだから、きっと苑田君も各忘年会で
同じように花に囲まれてるんでしょうねぇ…
(もしかしたら男子(だんご)にも……?)

苑田君は新井君がいると言うことが
良い思い出になっているとも思う❗
でもやっぱり、高価な物じゃなくても
気持ちのこもった思い出に残るものを贈って
苑田君の喜ぶ顔見てみたいわね✨
(最後は悦ぶ顔をさせるんだろうけど(* ̄∇ ̄*)W)

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> あら新井君♪両手に花ネェ♪♪←絡まれてるとも言う
>
> まぁせいぜい上手く交わしなさい❗

「・・って、どう躱せばいいんです? うさメリさんっ! 両側から来られるなんて、逃げ出せないじゃないですか~~」
修行よ、修・行。


> 新井君がこうなんだから、きっと苑田君も各忘年会で
> 同じように花に囲まれてるんでしょうねぇ…
> (もしかしたら男子(だんご)にも……?)

「(ギクぅ)苑田さんはそんな・・あり得る。。わーっ、想像させないでください! 」
「新井? 手をばたつかせてどうした? 」
「た・・体操です!(焦)」
苑田、香水の匂いには気を付けてね。


> 苑田君は新井君がいると言うことが
> 良い思い出になっているとも思う❗

確かに。新井くんがいなかったら、今でも進藤と・・。俯いて生きてたでしょうね。


> 気持ちのこもった思い出に残るものを贈って
> 苑田君の喜ぶ顔見てみたいわね✨

「はい! 頑張ります、夜も・・(照)」
おーおー、尻尾ブンブン振ってますよ。見えますか? うさメリさま。



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top