FC2ブログ

『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*思い出してー36


俺たちの中で独り身の和泉が肉まんを齧りながらぼやく。
「嘘つけ。たいがい紙袋二つは下げて帰るくせに」
涼二に突っ込まれ、口が尖る和泉。
「友チョコや義理チョコ。本命がないんだよ~~」
「え、でも婚約がどうとか言ってなかったか? 」
「親父たちの間でそんな話もあったらしいけど、あっちにしてみれば俺は‘お兄ちゃん’
な訳。恋愛対象外」
「うわー、それ、ちょっとキツイ」
「だろ」

着信音が会話に割り込む。

スマホを取り出したのは内海。画面を見て眉をしかめ、少し離れる。
「なんだよ」
不機嫌な声で会話を始めたから、
「相手、かわいそー。誰だか知らないけど、もうちょっと優しくしたげればいいのに」
「だよなー」

「は?! 勝手に決めるな。俺は行かないぞ」
急に大声になったからつい目がいく。
「・・分かった。煩いな、分かった、行く。ただし途中からだ。嫌なら欠席だ。
ああ。・・・ああ」
会話が終わったらしく、舌打ちしながら戻ってくる。 そして、俺の前で手を合わせ、
「すまん智。助けると思って一緒に来てくれ」

なに、それ??



↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

なに、それ?? ww
そこ智くん家だし、和泉君も涼二君もいるのに何故智君?
って聞かなくてもわかるけど(* ̄∇ ̄*)

一体何用でのお呼ばれ(半強制的)何でしょう?
先日のスーツの割引の借りもあるし…
助けなきゃダメかな?www

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> なに、それ?? ww
> そこ智くん家だし、和泉君も涼二君もいるのに何故智君?

「え? 決まってるじゃないですか、うさメリさん。智なら何かあった時俺に頼ってくれる(ニヤっ)」
ワルねー、内海くん。


> 一体何用でのお呼ばれ(半強制的)何でしょう?
> 先日のスーツの割引の借りもあるし…
> 助けなきゃダメかな?www

「あ、スーツ・・。忘れてた(💦   ←「忘れるなよー!(by内海)」
なぁ内海、うさメリさんも聞いてるよ? いったい何のパーティ? 」
「・・・来れば分かる」
怪しい。 ホントにパーティ?



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top