FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』31*出会った姉妹-59

新井クンやっぱり動いちゃいましたー。
R-18なので、年齢に達しない方、苦手な方はご遠慮ください。大丈夫な方、スクロールしてどうぞ。



























「放せ・・っ」
「うん」
手を放し、ひろさんの腰を押さえる。
「う・ああっ」
ひろさんが喉を晒して声を上げ、ずん、と奥まで突き入れられたのが、分かる。
手の位置を変えずに腰を動かし、
「ぁ、やめっ、動く、・・っあ、はぅっ」
「う、な・んか、すご・・っ」
未知の扉が開いたみたいな快感に声が重なる。

さすがに疲れて一休みしたら、
「・・なんっで、う・ごく、ん・・だっ」
息を切らしながら上気した顔で怒る、ひろさん。
「だって、俺で、ヨくなる、ひろさ・んが、見たいんだ」
「俺だって、そう・・だよっ」
「あ、わゥっ」
ひろさん、俺の肩に両手を置き、中をキュッと締めて腰を浮かせる。 絞られて達ってしまいそうになって、歯を食いしばって耐える。
「イかせて、やる」
「・・っっ」
俺の手はまだひろさんの腰にあるんだ。
浮いた腰を引き寄せ、もう一回突き上げた。
「・・ぁああッ、あ・あ」
「っく」
あと一ミリでも快感を覚えたら射精してしまう所にいる俺と、同じくらいの場所にいそうなひろさんが、意地でもお互いを先に達かせようとして、結果、
「あぁあっ、や、・・く、イク・・ッ! 」
「ひろさ、んっ、俺・・! 」
目がチカチカするくらいの感覚に襲われながら熱い塊を放出していた。

「・・・おまえは」
「・・ちゃんと、動かなかった、よ? 」
「最後、まで、・・じっと、してられな・いのか? 」
向かい合って達したあと、ひろさんは疲れたみたいで俺に体を預けてきながら、文句を言う。
「ひろさんの、イイ顔、俺がさせたいんだ」
「・・・」
何か言ったみたいだけど良く聞こえない。
「なに? 」
「・・。べたべたして気持ち悪い。シャワー浴びるから・・、抜け」
「あ」
でも、ひろさんが動いてくれないと、抜けない。
「・・ひろさん、動ける? 」
ちょっと怒ったみたいで俺の肩に頭をぐりぐりさせて、‘出来ない’ と意思表示。
仕方ないので、
「じゃあ、俺が寝るからそのまま横になって」
とまずひろさんを乗せたまま仰向けになり、ゴロンと横になってゆっくり抜いた。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ






 スミマセン!
予約投稿の時間、間違えてました・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

今までも、たっくさん堪能したけど
この『GWお向かい堪能祭り』は、より一層満喫萌え萌え〜〜💗
「動くな!」司令に従えなかった新井君の気持ちも
よ〜くわかる祭りでしたわぁ♪(´ε` )

酔ったようで、酔えなかったようなww
余韻でもう2、3本飲んだら気持ちよ〜く酔えそうだわ(*´꒳`*)

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> 「動くな!」司令に従えなかった新井君の気持ちも
> よ〜くわかる祭りでしたわぁ♪(´ε` )

はいー。お祭り、数えたら6日くらいやってました(ヨーヤル・・;^ω^)
「俺は別に、あと3・4日続いても・・・。ね? ひろさん」
「俺の体力が持たないから、嫌 だ」
「それなら、体力付けようよ(ゴッツン)」
懲りないなー。


> 余韻でもう2、3本飲んだら気持ちよ〜く酔えそうだわ(*´꒳`*)

えーと。
新井クンの思い出し話(?)があるかもしれませんよ。 もうしばらくお向かいを観察(ガン見とも言う)いたしましょう~~(笑)。



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top