FC2ブログ

『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*思い出して-60


大学に関することが出てきます。 ですが、私は未経験者なので想像するしかない場面も多く。。
間違っていそうなことがあれば、遠慮なく教えてください。m(__)m
それから、和叔父さんの視点が、少しあります。 ~~ から ~~ の間です。



和叔父さんの部屋を出る時、玄関で、ぎゅう、と抱きしめられた。
「本当に、驚かさないでくれ」
心配してるのが伝わって、言わなきゃよかった、と思ったけど、
「さっき約束したじゃないか。俺、言うから。父さんに言わなくても、和叔父さんにはちゃんと言う」
うん、と頷くのが肩越しに伝わってくる。その頷きに、甘い匂いが漂う。有名なメーカーのアイス。和叔父さんは、抹茶味だった。俺は・・、アーモンド味とキャラメル味の。
カップだけで二十種類ぐらいあるんだって。 和叔父さん、そんな事まで知ってるんだ。

「和叔父さん、もう行くね」
「あ、ああ。気を付けて」


和叔父さんの温もりを体に残して待ち合わせ場所に行く。
「智! 」
「遅いぞー」
「ゴメン」
今日はインターンシップについて色々調べようって集まり。周囲も焦り始めてるし、俺たちもジリジリしだしてる。
「講義だけでも心配しないで済むほうにしたいよなー」
「うん。ネットとかでも単位落として内定取り消された話がいっぱいある」
「そのためにはまず、健康管理」
「内海ってシビア」
「人生の基本だろ? 頭良くたって体力無かったら使えないじゃん」
「そうだけどさー」


~~ 智が、僕には何でも話してくれると約束してくれた。抱きしめた感触とともに、
しっかり記憶に刻んでおきたい。
「・・僕の腕が回らなくなるかと思った。大きくなったんだね、智」
見送った後、呟いた。 ~~



↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

お、おおーっと!
チュー(^з^)-☆を期待してしまったオバちゃん( ̄∇ ̄)
大きくなったんだもんね。
子供の「智」じゃないんだもんね。
和叔父さんも色エロ思うところ有るわよね。

役者君の事も気になるだろうけど
どーにもならない、してあげられることは
限りなく少ない。
和叔父さんに心配かけないように
先ずは自分の事をしっかりしないといけない時期かな。

とは思うけど、気になって又聴きに行っちゃったりしてf^_^;

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> チュー(^з^)-☆を期待してしまったオバちゃん( ̄∇ ̄)

あー。。和弘さんは準備オッケーですが、智くんが自覚も無いので、あったとしても頬っぺたくらいかな。。それでもキョドキョドしそう。( ´艸`)


> 和叔父さんも色エロ思うところ有るわよね。

「ありますね。まだ筋肉は少ないけど、痩せ過ぎでも無くて。素直に体を預けてくれるのは嬉しかった」
エロさ無しの笑顔も良いです、和弘さん。


> 役者君の事も気になるだろうけど
>
> 和叔父さんに心配かけないように
> 先ずは自分の事をしっかりしないといけない時期かな。

同感です。社会に出て働かないと分からない事ってありますもんね。 その前に無事卒業することも。
課題のクリア、頑張って~~♪



ありがとうございました。


> とは思うけど、気になって又聴きに行っちゃったりしてf^_^;
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top