FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』32*指輪ー38

「成木くんの家って、高台にあるんだ」
「ええ。行きは良いですけど帰りが大変で。このあたり車が無いと生活に困るんです」
「バスは? 」
「最終は二十一時です」
「・・早っ」
「ここは田舎ですから」
そう言う意味で言ったんじゃないけど。

住宅地を通り、息が切れる頃になって、
「あそこです」
成木くんが一軒の家を指さす。立ち止まり見上げるとどの窓も明かりがともっている。
「大きい家だね」
「合体二世帯住宅です」

「ただいま」
「おかえりなさい。お客さんにはちゃんと会えたの? 」
「こんばんは。 息子、ちゃんとご案内してました? 」
成木くんのお母さんがやってきて、俺たちを見てにこにこする。
「さあどうぞ上がってください。 すぐに素麺用意しますからね」






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ヤッパリ、デッカい家だった(´⊙ω⊙`)
そしてお母さん優しそうでおもてなしも慣れていそう(^O^)

えっちらおっちら高台登って
汗かいた後の素麺、ふた束み束ペロッといけちゃいそうね!ww
ピンクと緑の素麺何本入ってるかな? へへf^_^;

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> ヤッパリ、デッカい家だった(´⊙ω⊙`)
> そしてお母さん優しそうでおもてなしも慣れていそう(^O^)

「そりゃあ田舎ですからね、うさメリさん。祖母ちゃん、嫁入り道具に座布団20枚くらい持ってきてたんですよ」
「まあねえ。お義母さんの頃は、冠婚葬祭を自宅でするのが多かったから」
「今だってそうだろ? 母さん、よく「親戚がくるから」って支度してた」
お疲れ様です。


> えっちらおっちら高台登って
> 汗かいた後の素麺、ふた束み束ペロッといけちゃいそうね!ww

「ええもう、ザルまで食べられそうです! 」
「初めての家で食べすぎるなよ」
「はーい」

色つき素麺があると良いわね、新井くん。



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top