FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』11*大島ビル-6

 新井くん、不本意ながら香川さんとコンビを組むことに。  そして苑田は・・・。


「何だ、知らずに来たのか?」
香川の方も呆れ顔になった。それでも、
「このビルは、上から下までそっち系のビルだ。キャバクラやクラブにおいそれと行けないお偉いさん達の遊び場なんだよ。秘密保持と保身が万全だから危ないモノだってあるし、平気で使う連中もいる。
進藤はここを商談にも使ってるんだ。」
そして苑田は、商談の材料にされる。と、彼にしては丁寧に説明してやった。新井の顔が怒りで赤くなる。

「部長は・・、そんな事に苑田さんを」
「苑田じゃない。おまえのはずだった。あいつはおまえの身代りになったんだ。」
「それならなおのこと行かないと」
また、足をドアに向ける。
「だから待てと言うんだ。準備も無しに行く気か?」
「準備?」
「そうだ。」
どかっとベッドに腰を落とす。
「もちろん探しに行くがその前にすることがある。・・・恐らく着替えが要るだろう。」
「着替え、ですか?」
「居場所をつきとめたら、なるだけ早く、穏便に連れ出さないとこっちも身動きとれなくなる。」
「は・あ・・・・」
「付いてくるなら俺の言う事聞けよ?」
ぐっと詰まる新井。けれど、俺についていかないとどうにもならない、のは理解出来たらしい。
「・・・・はい。」
悔しそうな返事につい、
「いい子だ」
「俺は子供じゃありませんっ。新井 崇、って名前があります!」
アツくなって答えてくる。
「新井、ね。・・俺は香川だ。」
ニヤッと笑ってやった。 “


香川さん、という男性(ひと)はどういう人なんだろう。
俺の知らない苑田さんや進藤部長、このビルの事も知っていて、平然と「助けに行く」と言う。
簡単なことじゃないだろう。部屋にはルームNOさえ無かった。
そして俺は香川さんに頼らなければ何もできない。その事実が口惜しい。
でも、拘ってる場合じゃ、ない。
(必ず苑田さんを探し出す。)
腹に力を入れた。


“ 新井の表情が変わった。
「気合が入ったみたいだな。」
忘れ物するなよ、この部屋には戻らないぞ。そう言ってから内線で俺の部屋へ着替えを用意させる。
「行こうか。」
進藤の借りた部屋を後にした。

いつも思うが、このビルは迷路のようだ。時おりパーティションで廊下さえ区切って利用する者の秘密を守る。
「あの・・・」
「何だ?」
「このビル、人がいるんですか?」
すれ違う人もなく、物音も聞えないように感じるんだろう、新井が聞いてくる。
「いる。大勢な。時間も時間だ、ほぼ満室になってるだろう。」
ちらりと腕時計で時間を確かめれば、もう二十二時を回っていた。早くに来た客なら盛り上がっている時間だ。現に押しころしきれない声がどこからともなく漏れてくる。
「でも、どこも静かで・・・」
「静か?おいおい、よく聞いてみろ。」
言われて意識を集中したのか、少しして『あっ』と声を上げて赤くなった。どうやら緊張していて今まで耳に入らなかったらしい。
(素直に育ったもんだ)
見られぬようにそっと笑みを浮かべた。 “


~~ 進藤は苑田を連れて入った部屋で、待っていた人物に頭を下げ、謝罪していた。
「・・・・今日は‘初物’と聞いていたんだが、違ったのか?」
「申し訳ありません、青野様。急用ができてしまって。これは使い古しですが、必ず満足していただけると思います。」
半身振り返り、苑田の腕を掴んで青野の前に引き出す。
掴まれ、びくりと体を震わせた苑田が、青野の視線を浴びて目を逸らしながら細く息を吐いた。
「ほう・・」
「飲ませてありますから反応が早いでしょう。すぐ楽しめます。如何ですか?」
「そう、だな。それなら・・。だが、契約のサインは済んでからだ。」
「・・・分かりました。」
冷たく苑田を一瞥し、頭を下げる。なにせ相手は株上場の噂のある会社社長。ここに食い込むことが出来れば、自分にとってさらに箔がつく。
「では、ごゆっくり。奥様ともお楽しみください。」
にこやかに笑うも、
(夫婦揃って変態か。ま、せいぜい遊ぶがいいさ。)
軽蔑を胸中に吐き捨てる。

「部屋へ戻るか」
夫婦の‘お楽しみ’がひと段落するまで時間が空く。一休みしようとドアを開けた。



とうとう苑田は進藤の接待する相手に渡されてしまいました。。
明日はRがつく、でしょうね。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

3ぴーーーっ←警告

この場合、♂→♂→♀か?
真ん中苑田さんで。

明日わかるか

さて、寝るか…

Re: 3ぴーーーっ←警告

Azさま。 ようこそ。

>3ぴーーーっ←警告   この場合、♂→♂→♀か?

あはっ。長く伸ばすと警告にもなるんですね~。さしずめ笛を吹いているのは、新井くんでしょうか。笑。
はい、そうです・・・が。 Azさま、ちょっとだけ矢印がちがうんですよ(にま)。
配置は大正解!


>明日わかるか

ええ、分かります。 一晩、もーそーの世界でお寛ぎ(?!)くださいね。



ありがとうございました。

Az様のタイトル 上手い!

着替えでございますね!! かしこまりました!
モビルスーツに致しましょうか?それとも透明マントをご用意いたしますか?
今日はコスプレプレイですかww
なんならパッツンパッツンの全身タイツなど フフ( ̄∀ ̄*)ニヤリッ

ハッ!ジョーダン ジョーダンデス カガワ様…(アセ


ようやくハッキリと進藤の本性を把握できたようですね。
北森君から聞かされた枕営業してるとようだとの噂話や
中島主任が何か知っていそうな素振りもこれで繋がったかと。。。

崇ぃ~『気合いだ!気合いだ!!気合いだ~~~!!!』ちゃんと香川さんに付いていけーーっ!



チッ 何が夫婦そろって変態か。じゃ、
おまえの方がよっぽど変態じゃ ボケ
今に見とけ、使い物にならんようにしてやるけん ← ドコヲ?


ハッ! 高松さんが乗り移った… … 
私のお口からこんな言葉が出るなんて。。。
(エ?これがホント? そうとも言うww)

Re: Az様のタイトル 上手い!

うさメリさま。 ようこそ。

>Az様のタイトル 上手い!

ええ!コメ欄開けた時、笑ってしまいました。ウィットが効いてます。


>着替えでございますね!! かしこまりました!

・・うさメリさま。出来れば武器を隠せる余裕のある服に決めたほうが。。ボディコンでは体型が拒否してしまう私なので参加できません~~。
たとえば、ポッケにスリットが入っていて、手を入れたらすぐ取り出せる・・、などが。。


>ようやくハッキリと進藤の本性を把握できたようですね。

きっと新井くんの目から、大きなウロコがおっこったことでしょう。真実は大声で言えませんけれど。
そして気持ちは大きく傾くでしょうねェ、’苑田さん’に。


>おまえの方がよっぽど変態じゃ 

まあまあ。進藤の性向は完全ノーマル。女性以外に関心0。 でも、出世のためなら何でも使う男です。。


>ハッ! 高松さんが乗り移った… … 

ご感想は?

「はは・・。高松が言いそうだ。
俺なら、『変態 、ねえ。じゃあその夫婦に頭を下げるあんたは何だ?ま、後ろから刺されないように気をつけろよ。昼間でもな。』 くらいか。相手は一応リーマンだ。
ああ、俺達の着替えはスーツでいい。外へ出るのは平日の朝になるんだ。目立たない方が・・、な。」

だそうです。



ありがとうございました。

タイトルに(笑)

世間にはそのようなご夫婦がいるとか マンネリ奪回?
お偉い方には どこまでも食いつき 媚びる 進藤=
ふん! いつか いつか・・・どりゃ~

新井君達が無事部屋に辿り着けますように 
│・ □ ・│_・) ヌリカベ防御

No title

香川さん かしこまりました!!
では、香川さんにはヴェルサーチの
新井君にはタケオキクチをご用意しておきます<(_ _)>

ますみ様。では私の腹を使って、スモールライトを出しますww
進藤を小さくして、巨人化して進撃しましょう!!
決して食べませんが… 腹壊す…

Re: タイトルに(笑)

nichika さま。 ようこそ。

>お偉い方には どこまでも食いつき 媚びる 進藤=

一応目標は’目指せ社長!’です。志は高いけど、手段が・・、ってやつです。
そこまで調べられるんなら、そのエネルギー、別の事に使って!ですけど、聞こえないでしょうね。。


>新井君達が無事部屋に辿り着けますように 

はい、大丈夫です。とある情報提供者がおりま・・・っと。ないしょー。
臨時コンビ、応援してあげてください。



ありがとうございました。

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。

>香川さん かしこまりました!!

あ、サイズは1Fの紳士服店で確認を(笑)。
このビル、B1~2Fまでは、上から下まで揃う洋服・和服店、食品・ペット用品・プレゼント用品・クリ―ニングに至るまでお店があります。もちろん24時間営業。


>進藤を小さくして、巨人化して進撃しましょう!!

え・・。
踏みつぶしてペラペラに、とかガチャガチャのプラケースに入れて蹴飛ばすとか、します?
もちろん口の中に入れてはイケマセン。 フグ毒(テトロドトキシン)と張りあう猛毒、ゴム手+宇宙服仕様手袋(あ、これなら使える!笑)はめて箸でつまみましょうね。



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top