FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』11*大島ビルー9

 今日は、香川さんと、新井くんの視点でお話が進みます。
そして、微妙にRがはいるので、年齢に達していない方、苦手な方はご遠慮ください。大丈夫な方は、どうぞ。






“ 「・・・・、書類は君が持っているんだろう?・・・なんだ?私たちの部屋へ来るのか?・・・・そう言う事なら仕方ない。この部屋は?・・・・・・ああ、一晩使えるんだな。それならいい。分かった。」
青野は内線を切ると妻にこぼした。
「進藤くんは部屋に来るようだ。夫婦の部屋に来るとは無粋な男だ。」
「見られて困るものは無いんですから、いいじゃありませんか。」
「他人の領域に入り込もうとするのが不愉快なんだよ。」
「一度は来たかった大島ビルに招待されたんですし、少しは譲歩しておあげなさいよ。・・・それはそうと、彼は?」
「あのまま置いておけばいい。サインと確認のみだし、すぐに戻れるだろうから。」
「分かったわ。」
話が終わったらしく、中で動く気配がする。
「シャワーを浴びるわ。あなたは?」
「次に入るよ。」
部屋の奥に浴室があるようだ。
(一旦ここを出る、か。助かるがこっちはもう一度かくれんぼだ。どこか・・)
香川は今いる部屋を見回した。すると新井に思いが伝わったのか、同じことを考えたのかそっとある場所を指さす。
(やるじゃないか)
頷いて、移動した。 “


「行ってくるわ。大人しく待っていてね。」
俺と香川さんが見つからないように隠れた場所で息をひそめていると、女の人が誰かに声をかけている。 呻き声みたいな音が聞こえた。
「早苗、タイマーをセットするかい?」
「いいえ。スイッチは入っているのでしょ?しばらく休ませないとつまらないわ。」
「はいはい。仰せの通りに、奥さま。」
声が近づいてくる。緊張した。
(どうか見つかりませんように)


目の前をひと組の男女が通り過ぎる。
(さっき聞いた時、夫婦、って言ってた・・・。この人たち、夫婦なのに、どうして)
それとも、香川さんが話していたように、このビルに来る人たちはみんなそうなんだろううか。
ドアが閉まる音にハッと我に返る。
「新井、急げ」
「はっ、はい」
すでに寝室の中にいる香川さんが俺を呼び、時間がないことを思い出した。

部屋に入って、足が止まってしまった。
苑田さんは、いた。・・・・いたけど。
信じられない。ベッドに横たわっているのが苑田さんだ、なんて。

「苑田、しっかりしろ。」
香川さんが、苑田さんを助け起こそうと、大きな、丸いベッドに一足で乗る。
ベッドの真ん中あたりにいた、向こうを向いている苑田さんの体が、びくっ、と跳ねた。
「ぁ・・あっ!・・あうぅっ・・、・・ぅ・・っ!」
後ろ手に縛られ、汗に濡れた上半身にいくつも赤い痣を付けているけど、下はズボンを穿いている苑田さんが、くぐもった声を出す。
いきなり動いた苑田さんに驚いて、香川さんがベッドから降りた。すると、すぐ動かなくなる。でも、苑田さんの体から発した色香と喘ぎ声に、俺の全身がカッと熱くなり、腰の奥が、ズキン、と強く疼く。

(ば・馬鹿!何やってるんだ俺は!)
なぜか反応しはじめる体に狼狽し、心の中で大声を出して自分に怒った。

「苑田、俺が分かるか?」
後ろで動揺している俺に気付かず、香川さんがまた声をかけながらそっとベッドに腰をおろし、手を伸ばす。
香川さんの体重がベッドにかかると、苑田さんの体が反りかえる。
「う・・くうぅ・・っ、っあ!・・っ、・・・・ぁあっ・・!」
急いでベッドから離れる香川さん。そしてその場で考え込んでしまった。
苑田さんはまた動かなくなり、全身で呼吸をしている。
吐き出されるひと息ごとに、部屋の空気が変わっていくようで落ち着かない。苑田さん、いつもとかなり様子が違っていて、縛られているだけじゃなく、どこか苦しそうだった。


 新井くん、反応しちゃいました(笑)。コーヒーの中に入っていたのが、まだ効いているんでしょうねー、きっと。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

新井君の脳内 「ヤッベ  ハンパね 範裕さん!」

苑田君の姿に新井君
ズッキューン❤
ドッキューン♪
バッキューン☆

パンパン←(≧ ≦)(心を戒め)鉄のパンツを心で穿きました!
これで抑えが利くww


スラックスを穿いている状況だから、
新井君にしてみれば苑田君が何をされてたかの判断はまだ曖昧な部分もあるのかも?

苑田君の反応が半端無い!
アンプル3本は相当なもの!?  一体どんな媚薬何だろう…
新井君にはものすごーく悪いんだけど、ちょっとだけ苑田君の色香を感じたい( ̄ー ̄)


とにかく時間が無い。けど苑田君を抱き抱える事も出来ない…
でも頼みの綱は香川さんしかいないの!!!
頑張って香川さん(>◇<)〇! 
終わった暁にはたっぷり全身マッサージ施しますから!!


ますみ様
この所の私の認証NO エロ続き
今日は「1119」 ”イイ イクッ”  って(爆

なぞが深まる

香川さんが考え込む???なに 何かしら=
招待されたんだ= 貢ぎ物って こんな形もありか。。。

新井君 どこぞ隠れ場所PSかしら
苑田さんがズボン穿いていて 新井君には刺激的ですもの
私もドキドキです

Re: 新井君の脳内 「ヤッベ  ハンパね 範裕さん!」

うさメリさま。 ようこそ。

>「ヤッベ  ハンパね 範裕さん!」

あははっ!そうですそうです、その通りっ!
普段の苑田からは想像さえ出来ないあられもない姿。しかもフェロモン滝流れ状態(新井くんにすれば)。
ネクタイ付きセミヌードです、苑田。シーツも乱れまくってて。
青野夫妻、相当楽しんだんでしょう。

他方の新井くん、何か飲まされてるから、あまりに素直な反応(笑)。
香川さんがいて本当に良かったね、お二人さん。


>苑田君の反応が半端無い!

そりゃあ、由緒正しい(?!)中国のお楽しみ成分がたっぷり入ってましたからー。それに、もうひとつ。う腐
苑田、二重にイタされてます。ですから、あまり近付いては行けませんようさメリさま。 やられます。


>でも頼みの綱は香川さんしかいないの!!!

ええ、頼りがいがある香川がいるから何とかなるんです。でなければ・・・・。想像すると怖い。
まあ、全身マッサージ??  香川さーん、

「いいねェ、全部終わったら頼む。・・・と、熟女なのか?うーーん・・・。
悪い。薫織と死に別れてから、’女断ち’してるんだああ、高松の組の先代組長だ。んなもんで、気持ちだけもらっとく。ありがとう、うさメリさん。」

あらま。。・・・だ、そうです。


>この所の私の認証NO エロ続き

おやおや。バイオリズムがそっち系なんでしょうか?それとも・・・。




ありがとうございました。

Re: なぞが深まる

nichika さま。ようこそ。

>香川さんが考え込む???なに 何かしら

もうすぐわかりますよ。スラックスの下、実は・・・、というやつです。腐腐。


>苑田さんがズボン穿いていて 新井君には刺激的ですもの

はい。とーーっても刺激的。二人ともクスリが入っていてなかなか歯止めが・・・。そして苑田の色気が新井くんに変化を起こさせるんです。
ドキドキ、しますよーー。



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top