FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』11*大島ビルー16

 ちょっとだけRがあります。撫でる程度ですが(R15かな。)年齢に達していない方、苦手な方はご遠慮ください。大丈夫な方、少し下がって、どうぞ。











しばらく、動けなかった。
俺と範裕さんの二人で荒い呼吸を繰り返す。

息が落ち着いてきて、範裕さんの柔らかくなった雄を握ったままなのに気付いて慌てて放した。
(範裕さんの体もきれいにしないと)
そう思い、粘つく指を取りあえずバスローブで拭って、そうっと起き上がる。


「・・・・香川さん」
「終わったのか。」
向こうの部屋で、香川さんは背中を向けて座っていた。
俺の声に振り返り、ちょっと驚いた顔で、からかうように言う。
「何だ、服も脱がずに抱いたのか?」
言われてハッと目を落とせばスラックスのベルトさえ外していない。かあっと赤くなる。
「苑田が苦情を言わなかったならいいさ。それより」
立ち上がって、
「後始末のやり方くらい覚えといてやれ。」
擽ったそうな様子で寝室へ向かう。
「後始末・・・ですか?」
シーツを取り替える・・とかだろうか。でも、範裕さん、動けないほど疲れてるのに。
ついていきながら、香川さんの言葉に首をひねる。

「・・・苑田」
目を閉じ、ぐったりしている範裕さんの横へ手をついて呼び、
「辛くなる前に掻き出すぞ。」
俺の分からない事を言う。
「・・・・・・」
「うん?」
範裕さんの声が聞き取りにくかったのか、口元に耳を寄せ、赤くなりながら何か言っているのを聞いている。
くくっと喉の奥で笑い、
「それならいい。」
おかしそうに体を起こす香川さん。そして目元を笑わせたまま、
「苑田の体を拭く。手伝え。」
俺に合図した。


されるまま体をきれいにされた範裕さんを隣のベッドへ移し、俺もシャワーを浴びた。
香川さんが用意させた着替えの中から下着を出し、身につける。

寝場所をどうしようと迷っていたら、
「俺はこっちで寝るから、苑田と一緒に横になれ。」
さっさと決めた香川さんに寝室に追いやられ、恐るおそる範裕さんと並んで・・・同じベッドに入った。




進藤は、出入り口横の小部屋にいた。
強引に居座ったのだ。
(客は必ずここを通る。絶対見つけられるはずだ。)
苑田も新井も、まだ逃げだしていないはず。そう確信し、ガラスの向こう、出入りする人影の男たちに怒りのこもった目を凝らした。


ピピピピp・・・・。
目覚ましの音で、目が覚める。香川さんがセットしておいてくれたらしい。
いつの間にか爆睡していた。

「そろそろ起きろ。仕事、あるんだろ?」
香川さんの声。
「・・ふぁ・・、しごと・・・」
「ええ、今日も平日ですから。・・・・昨夜は、済みませんでした、香川さん。」
まだ覚醒しきっていない俺の横で、しっかりした声の範裕さんが答えている。
がばっと起き上がってみれば、もうネクタイを締めていて、
「のりひ・・・、苑田さん、身体はっ?」
「ひどい事をしたわけじゃないし、十分寝た。・・おまえも顔を洗って支度しろ。」
いつもの、完全に仕事モードの、苑田さん・だ。
「っはい!」
ベッドを勢いよく下りて洗面所、へ行く前に、
「おはようございます、香川さん。ありがとうございました。」
挨拶とお礼をいっぺんにして頭をさげた。
「・・礼を言われることはしてない。ま、元気が出たならいい。」
笑いをかみころしながら返してくれるのを聞きながら、顔を洗いに行った。


 密着したけど、合体出来なかった二人。
これからまたしばらく、こんな機会はありません。新井くん、耐えてくれ・・・?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

合体未遂だったかぁww

香川さん面白がってるでしょww
『礼を言われる事はしてない』とかサラッっと言っちゃって♪

香川さんから見たら、新井君は純朴な青年かもしれなくて
からかうまではいかなくても、久々に新鮮な気持ちにさせてくれる青年だったかしら?

でもホントに新井君にしてみれば、香川さんは救世主だったわよねぇ♪
毎日を平凡に過ごしていた所に思いもかけない落とし穴に突き落されそうになって救われたんだもの。
もちろん苑田さんもしかり!

新井君も、苑田さんの身に起こっている事を把握でき、
その諸悪の根源が進藤だともわかった。
新井君としても知った以上このままで済ます事はしませんし、出来ませんよね!
ここからが男の見せ所になるかなぁ・・・
頑張れるか?新井!!  いや、苑田さんの為にひと肌もふた肌も
何なら真っ裸になる覚悟で頑張れ~ww

で、進藤はまだ粘ってるのか?
ほらほら進藤、あなたもそろそろ出勤ですよ! 
重役出勤なんてもってのほかだからね!
でも今度は何をしかけて来るつもりでいるだろう…ヒェ~

Re: 合体未遂だったかぁww

うさメリさま。 ようこそ。

>香川さん面白がってるでしょ

あっは。分かります?
そう、新井くんは、香川サンにとっても新鮮。苑田を好いているらしいのもあって、構いたくなるんですよね。
「頑張れ」な気分でしょう。


>新井君としても知った以上このままで済ます事はしませんし、出来ませんよね!

出来ないでしょうね。なにより苑田への仕打ちが怒りの核になっているから。後はどう進むかをきめるだけ?
苑田とは、もちろんまた色々あります。腐腐。


>で、進藤はまだ粘ってるのか?

います。八つ当たり、もしくは逆恨み・で。 しつこいなあ。
ま、彼にとっては崖っぷちでしょうし。 逃がしたくないはずです。もちろん次の策も・・・・。




ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top