FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』3*元気の出るおまじないー3

(俺の三日か四日分の昼飯だ・・・。)
そんな思いをよそに、会話が続く。
「泡の立つお酒って、気が抜けると美味しくなくなるんだよ。」
「つまり、ワイン一本買うようなもの。だから・・・、おまえ、飲めるんだよな?新井。ここで会った記念にご馳走するから手伝ってくれないか?」
無駄にするともったいないだろう?
と、まだ訳が判らない俺に、苑田さんは楽しそうに言ってくれるから、つい、
「はい。手伝います。」
返事していた。

マスターが話してくれるお酒やカクテルの話を聞きながら、主任と三人で飲む。ほかに、お客さんもいたはずなのに、覚えていない。

「・・・・・・って、中島さん」
「いい・・・・、・・・・だろ?」
主任と苑田さんの話し声が頭の上で聞こえる。あれ? 俺今どこにいるんだ・・・・?
片側の頬が冷たくて手を当てようとしたら、
「ほら、起きてますよ。」
「ばか、酔っ払いじゃ起きてたってしょうがないじゃないか。」
「俺・・起きてま・・・。ま・だ飲め・・・」
意識がはっきりしなくて、体が上手く動かせない。
「ほらな。見れば分かるだろ?こんなの電車に乗せたら、乗り越しどころか車庫まで行っちまう。おまえまだ独り身なんだし、送ってやれよ、苑田。」
「一回くらい車庫まで行って泊まるのだっていい経験だ、って言ってませんでした?中島さん。」
「・・とにかく連れて帰れ。先輩の命令だぞ。」
主任の言葉に、苑田さんは渋々と答える。
「わ・かりました。けど、新井の家、というか住所、どこなんです?」
「ちょっと待て。確か・・、おまえの部屋の通り道・・・・。ああ、あった。・・・うん、おまえの帰りがけの途中だ。ほれ、ここ。」
「・・・ああ、本当だ。・・・・ふぅん。」

ぼーっと会話を聞きながら思った。苑田さんと一緒に帰るのか。。
変だな、うきうきしてる。

「タクシー、来ましたよ。」
「あ、サンキュ、マスター。・・・新井、帰るぞ。歩けるか?」
ドアが開いて、マスターが知らせに来てくれ、俺は苑田さんに体を揺すられた。
「へぁい・・・。ごちそ・・・で・た・・」
「やれやれ、こんなに出来あがるとは思わなかった。・・・・あっ」
何とか椅子から降りた途端ぐらりと体が傾ぐのを、あわてて苑田さんが支えてくれる。
「あ・・、すいませ・・・」
近すぎる顔にビクッとしてしまった。夜になって僅かに伸びた髭が薄い影になって、男の色気・みたいなのがすごい。
俺じゃ絶対出せないな・・、と思いながらタクシーに乗った。




「ほら、着いたぞ新井。歩けるか?」
苑田さんの声にはっと我に返る。どこかから居眠りしていたらしい。タクシーのドアが開き、促されて外気の中に体を押しだした。
(・・う・・っ・・・・)
足を地面につけて二・三歩歩いた時、むかつく。
(や・・ば・・・)
「新井?顔色悪いぞ?」
車内から見上げた苑田さんに、無理に笑って、
「だいじょ・ぶで・・。ありがと・ございま・・・」
挨拶も言いきれず、急いで頭を下げてアパートの方を向いた。喉元に吐き気がこみ上げてくる。
醜態を見せたくなかった。
(こんなとこでなんて・だめだ・・・)
せめて部屋に。
ふらつく体を壁にぶつけながらやっとたどりつく。
(かぎ・・)
急いでいるのに、見つからない。

「どっちのポケットだ?」
ずるずる崩れ落ちそうな体を支え、聞いたのは。
「苑・だ・・さ・・・」
なんで?

「早くしろ。右か?ひだりか」
「あ・・・、みぎの・・ズボン・・・」
すっと手が入れられ、鍵を取り出しドアを開ける。
「ほら、靴脱げ。トイレ、どこだ?」
「・・ひだ・りの・・」

う。

ぎりぎりで間に合ってトイレで盛大に嘔吐する。苑田さんは、吐くものが無くなるまで背中をさすってくれていた。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

中島さんのお陰で急接近ですね。
家まで送ってもらえるなんて~
でも結構な醜態みせちゃって、大丈夫かな~?
今のところ新井くんってノンケなのですか?

昨日の佐久良様のコメ、意味深ですね。
佐久良様とコラボされているのとか?


Re: No title

蝶丸さま。 ようこそ。


> 今のところ新井くんってノンケなのですか?

はい。 BLもMLも、そんな世界がある事さえ知りません(笑)。 それねのに~~~・・・、です。

昨日の佐久良様のコメ、意味深ですね

えーと・・。
内緒、ということにしておきます(汗)。
佐久良さんは私がこのブログ村に来て、最初にコメした方です。1・2年くらい前かな?
それ以来、お付き合いさせていただいています。

ますみ様、こんにちは!やっとここまできましたf(^^;

やっぱりますみ様の文章、読みやすくて面白いです(*^^*)さすがです!

新井クン、すっかり沈没しちゃいましたね…(*_*)カクテルは飲み口が良いから、知らないうちに深酒…ってありがちですよね(^^;
ワタシ二日酔い(三日酔い 笑)はあるんですが、トイレとお友だちってまだないんですよね~。え?そこまで飲むなって?(汗)
でも吐いてスッキリした方が早く回復するのかも…。

先輩と一緒にお酒を飲む、断れるものじゃないですし(*_*)
でもこれがきっかけで苑田さんとの接点が出来たわけですが…正気に戻ったとき新井クンはまた落ち込みそう(苦笑)

ただ、人間って自分の醜態をさらしてしまうとどこか吹っ切れるところもありますから(笑)

この後の新井クンと苑田さんが気になります(^m^)


Re: タイトルなし

坂崎若 さま。 ようこそ。

あ・・、なんか武家のご子息をお呼びしているみたい(あはは)。
まずは、お疲れさまでした。そして、読みやすいと言っていただいて嬉しいです(ポッ)。

>新井クン、すっかり沈没しちゃいましたね

ええ。バー自体行ったの初めてだったかも?居酒屋が多かったんでしょう。お酒もそれほど強くないし(普通?クラスです)。


>人間って自分の醜態をさらしてしまうとどこか吹っ切れるところもありますから

これにこりて、子湖塚さんの所で修業?して欲しいものです(笑)。けど、苑田も、中島主任も新井くんのこと気に入ってるんで大丈夫ですよ。うふ。
本人も立ち直り早いですから。

二人はムフフな関係になれます。


ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top