FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』34*風が吹くー79


「・・・分かりました」
芸術家モードに入った人はそこに集中してしまうらしい。諦めてネクタイを緩め、
「男の裸を見るのが趣味ですか? 」
椅子でくつろぐ佐々木翁に言えば、
「見映えのする者は彫刻と同じ。ここで有名なおまえの着替え、儂も一度は見たいと思うての」
「ここで、有名・・? 」
「ほ。行き先も聞かず連れられてきたか? 」
含みを持った言い方にゾクリとする。
「あなたが選ぶなら、それなりの場所だろうと思っていただけです」
「おまえもよく出入りしていたビル。おまえの贔屓がよく来るビルじゃ。思い出さんのか? 」
下から掬い上げるように視線を合わせ、肉食獣のような笑い顔を作る。
咄嗟にきつく目を閉じた。

大嶌ビルなのか、ここは。

「紀里はここ専属の絵師の一人。下西が見つけてきた」
「下西さんが?! 」
本当に? と紀里さんを見れば、
「はい。下西さんには感謝しています。ここなら(私は)描きたいものを好きなだけ描けるんです」
手を止めないでください、と新聞を二つ折りしたくらいの大きさの画帳を構え、促す。
「貴女は、それでいいのですか? 」
「私は何より描ける場所が欲しかった。下西さんと佐々木様のお陰でそれができる。ほかに何が要るのですか? 」
気を落ち着かせるため、深呼吸した。 これはもう俺の手に余るものだ。
早く終わらせて帰ろう。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

周りが全員敵に思えて来た…
あ、新井君は別よ。
早くとっとと新井君の所に帰ろう。

登録されたまま⁉️
なんてこった…

もう始まってしまった事は仕方がない
でもあまりに代償が大きい!
もう終わったら引っ越そう苑田君。
もう十分すぎるくらいに助けてる。
ねぇ考えようよ苑田君、考えて!!

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> 早くとっとと新井君の所に帰ろう。

そうですよね、すぐにでも帰りたい。でも、佐々木翁からの言質を取ってないんですよ。苑田の、今一番欲しいもの。
佐々木翁、ちゃあんと知ってるんです。 まったくねぇ。


> 登録されたまま⁉️

はい。進藤が登録抹消なんてするはずないですし、大嶌ビル側だって、逃がすはずがないでしょうこんな極上品。そして苑田は全然知らない話・・・。

> でもあまりに代償が大きい!
> もう終わったら引っ越そう苑田君。

うん、私もうさメリさまに一票。苑田が体を張ってマンションを守ったことは、いつか知られてしまいそうだし。あ、下西さんは言わないと思うけど、現オーナーとかがね・・。
また辛い思いをするより、新天地を探した方が良いよね!



ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメQ太さま。 ようこそ。


私も始めたころは毎日ドキドキしてました。
よそのブログを見に行って、感想を書いたり仲良くなれたり。

リアルで話せないことでも、ここでならいくらでも話せますし、仲間もいる。楽しいですよー!
またコメントさせてくださいね♡



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top