FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』12*変化と決意ー4

中島主任、こんどは新井くんとバーへ。


「ただ今戻りました。・・・あ、主任。」
「何だ」
「今ちょっといいですか?」
社へ戻って、一息入れている様子で首を回している主任に湯島さんの話をする。
「へえ、浦野商事、異動があったのか。で、新課長さん、名刺が欲しいって?」
「あの、前に一度、作った事はあるんです。」
PCからデータを落としファイルしたものを出すと、
「ほお・・こんな事もしてたのか。やるじゃないか新井。頼まれたんなら、元やさんのところと被らないようにして自分でやってみろ。」
「はい。」
「サンプル出来たら、俺にも見せてくれ。」
「分かりました。」
本来の仕事と違うことだけど、許可をもらってほっとする。
「それと・・」
「まだあるのか?」
「あ、の・・、苑田さんのこと、聞きたい事があるんですけど・・・」
「苑田?」
「はい」
俺の顔を見て、何か気付いたらしい主任がうーん、と唸って、
「俺一人の話じゃなぁ・・・。と、子湖塚もなにか知ってるはずだ。」
ぽん、と手を打つ。
「子湖塚さん・・ですか?」
「マスターだよ。よし、今・・・あ、だめだ。明日ならいい。行くぞ。」
「はい、お願いします。」



久しぶりに主任と来たバー。カウンターの一番隅に座った俺たちに手招きされて来たマスターが、ぽそっと名前を繰り返す。
「苑田さん・・ですか?」
「そう。こいつが知りたがってるんだ。おまえも知ってる事あるだろう?教えてやってくれないか。」
主任は、『ここへ来るならボトルキープくらいしろ』と俺の名前でキープしたシングルモルトを注文して飲みながら、親指で俺を指す。
「そうですねえ・・・・」
グラスを磨きながらマスター・・、子湖塚さんが考え込んだ。

「だけど、どうして急にそんなこと知りたがるんだ?」
「それは・・。」
問いかけられたけど、理由は、言えたものじゃない。
グラスを両手で握り、氷に視線を落として、黙りこんでしまう。

「まず、中島さんの話を聞きませんか?俺の話は、その後でもいいでしょう?」
マス・・子湖塚さんが間を埋めるように主任に水を向ける。
「わかったよ。」
一口呷って息をつく。
「・・俺が苑田・・、苑田と知り合ったのは大学からだ。あいつには年子の兄がいて、俺はそっちの同級生だった。といっても俺は浪人、向こうは二人とも現役だから俺が年長だったけどな。」
中島主任、苑田さんのお兄さん、苑田さん、の年の順。性格は違うが気は合い、三人でよく遊んだ。ささやかな悪戯もした。
そう話す主任は、懐かしむ顔をしている。

「その関係が変わり始めたのは、隆裕が――苑田の兄が恋をしてからだ。」
中島の声に苦いものが混じる。
「出来れば応援したかった。だが、できかねた。隆裕の相手には家庭があったんだ。」
「・・・・不倫、ですか?」
驚いて尋ねる俺に頷き、
「まあな。さらに悪い事にその相手は・・・・男だったんだ。」
男・・・! じゃあ。
「いわゆる同性愛だ。
知らないうちは応援できたが、知ってからは・・・。説得もしたし、無理やり合コンにも連れ出した。女が嫌いなわけじゃない。俺よりモテたし・・・。全部無駄に終わったけどな。」
「・・範裕さんともよくぶつかったと聞きました。でも、『あのひとじゃなきゃ駄目なんだ』と言われて、どうしようもなかったようでしたね・・。」
子湖塚さんが、付けたす。


「・・・・そして、隆裕はその男と一緒に死んだ。」
主任の声が、低く、重くなる。

――― 死んだ ?
 苑田の過去が明かされます。
中島、子湖塚両氏にとっても辛い思い出。新井くん、ちゃんと受け止めて。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

違うのって

遡り読み 進藤===「まさかあいつの兄が伯父の心中相手だった」
もっと ○○ではないですが、それがグレーゾーンになり
進藤イジメ派なので!!!

話を聞く以上覚悟しろ!!

新井君の身に起こった事。苑田君の奪還と半分エチ・・・
中島主任から聞く話でそれが一つに繋がってくるかな?

それがわからないと余計に何をどうして良いものか
全く手出しも出来ないですし、相談も出来ないですもんね。


子湖塚さんも何かしら知っているという事にもビックリ!
やっぱり子湖塚さんタダものではないww

営業の仕事の方もトラブルも解決してきて落ち着いてきたようだから、
苑田君の事考える余裕も多少は出てきたでしょう。
しっかり主任と子湖塚さんの話を受け止めて
山男 新井 の底力を発揮してやれ~~(^.^)/~~~
立派なもんぶる下げてるんだから男になれ!!
って、そう言えば、スラックス脱がなかったんだった(笑)

Re: 違うのって

nichikaさま。 ようこそ。  

>進藤イジメ派なので!!!

やー、nichikaさま、はっきりしていて気持ちいい!

そうですよね、進藤、逆恨み的。苑田が伯父の心中相手の弟だって知ってからはもうやりたい放題。
そこには、妬みも入っています、仕事絡みで。進藤にないものを苑田が持っているから。
お角違いなんですけどね、それ。

苑田もちゃんと言い返せないので・・・。
まあ、決着(?)はしばらく後に付きます。お待ちくださいね。




ありがとうございました。

Re: 話を聞く以上覚悟しろ!!

うさメリさま。 ようこそ。 

>中島主任から聞く話でそれが一つに繋がってくるかな?

新井くんの事は進藤の身勝手な思惑だったのだ繋がらないと思いますが、二人の関係は分かってくるでしょう。
あ、香川さんは進藤の知らない苑田サイドの話ですから出ません(笑)。
進藤、逆恨み&苑田のへの仕事に対しての嫉妬もあって、やりたい放題してました。


>やっぱり子湖塚さんタダものではないww

・・・・。過去、進藤と苑田が仲良かった頃、ここには良く来てました。そのせいもあるでしょうね。


>って、そう言えば、スラックス脱がなかったんだった(笑)

あははは~。そうそう新井くん、苑田のフェロモンにやられて、服を脱ぐ事さえ忘れてたんでした。
機会はこれからいくらでもありますからーー^^。




ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top