FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』34*風が吹くー85


「ど・どこへ? 」
「まずは俺の部屋だ」
ああ、服もあったな。と振り返る。
「あとで届けさせよう」
「クリーニングも」
そこまでしなくても、と言う前に、
「当然じゃな」
佐々木翁が頷く。

廊下を歩きながら
「済まなかった」
「いえ。・・・香川さんが来てくれなかったら」
どうなっていたか判らない。
感謝を込めて抱きつく。
「・・おいおい。本気で襲うぞ」
坊やがいるだろ? そっと額にキスを落とす。

どうしてそんなに優しいのだろう


シャワーを浴び、落ち着いた俺に教えてくれる。
「このビルは、表と裏の顔があるんだ」
「表の顔・・」
「ああ。普通にカルチャースクール。普通にホテル。スポーツジムにオフィスもある」
「普通に、ですか? 」
「木の葉を隠すには森の中、だ。このビル自体が森なのさ」
「この病葉(わくらば=闇の部分)に気付く人もいるのでは? 」
「そうだな。だがここは、俺や紀里みたいな人間にとっては必要な場所なんだ」
必要悪なのさ。と薄く笑う。

俺も、その一部になってしまっているのかもしれない。

「こら。何暗い顔してる。目的は果たせたんじゃないのか? 」
そうだ。佐々木翁は、俺が来れば ‘全て対処する’ 。これでマンションは無事になるはず・・。
考え込んだ俺の手からカップを取り上げ、香川さんは新しい紅茶を入れてくれた。
「飲んだら帰るぞ」



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ




 いろいろ疑問があるんですが、苑田も気付いてるんでしょうか・・・?

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

大島ビルって表裏一体ビルだったの⁉️
じゃオバちゃんも潜入のチャンスあるんじゃないかな?お掃除腐として。
先ずは表で顔を売っといてと、経路を把握しておく。
ないことを願うが、いずれ何かの際に役にたつかもしれないし…
よし❗️香川さんより詳しくなるわよ〜〜|( ̄3 ̄)|

これでスンナリ行くと良いのですが
佐々木の爺様まだなんか絡んできそうで怖いわ…
そして帰ったら下西さんが廊下で待っていそうで怖いわw

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> 大島ビルって表裏一体ビルだったの⁉️

はい。でないと ぜーむ署あたりから目を付けられちゃいますもん。
「そのあたりは抜かりなしじゃ。ここ(大嶌ビル)には、お偉いさんも来るからの( ̄▽ ̄)」
むむ。


> じゃオバちゃんも潜入のチャンスあるんじゃないかな?お掃除腐として。
>
> よし❗️香川さんより詳しくなるわよ〜〜|( ̄3 ̄)|

それ、良いですね!イザ となったら、 「香川さんっ、こっちこっちー! 」 って出来ますよ、うさメリさま♡


> これでスンナリ行くと良いのですが
>
> そして帰ったら下西さんが廊下で待っていそうで怖いわw

「儂は物分かりの良い男じゃ。追いかけてはいかん」
「え? 待っててィいんですか? うさメリさん♬ 」
きゃー、駄目っ!



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top