FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』35*角を曲がってー60


















しっかりRになりました。でもまだR-17?17? かも。。
年齢に達しない方、苦手な方はご遠慮ください。大丈夫な方、スクロールしてどうぞ。











「も・・やめ、そ・こばっか」
「・・わかった」
もうちょっとしたかったけど、触りたい場所はたくさんある。
「たかし? 」
素直に止めてひろさんの上に四つ這いになって見下ろすと、不思議そうに眼を開けた。
「明日は引っ越しだから、目立つところに痕は付けない。代わりに、ここをいっぱい赤くした」
「・・ば、馬鹿っ」
指で、尖った片方の乳首をつつくと顔を赤くして言う。けど、目が潤んでて、睨まれてもニヤけてしまう。
「さーて、今度はこっちにしよ。俺と同じくらい元気になってるし」
股間に手を滑らせ、汗をかいてる雄の先端を摘まむ。
「あ・んっ」
うわ。
その声で部屋の空気がピンクになったみたいだ。
もっと聞きたくて指を輪にして暑くて硬い肉棒のカタチをなぞる。
「ぁ、ぁ、崇っ」
腰が揺れ、フェロモンの汗が飛ぶ。だけどひろさんの本気はこれから。
手を放し、
「もうべとべと。ひろさん、今日は俺より興奮してる? 」
「違・・っ、おまえが」
「俺が? 」
「~~っ」
多分、俺が弄ってるからだ、って言おうとしたんだと思う。でも、聞き返したら言えなくなったのかな?
「ねえ、ひろさん。俺が、どうしたの? 」
腿の内側を濡れた手でそろりと撫でたら、
「はぁ、っ」
全身で跳ねて応えてくれる。それならと、
「言わないと、ココもシちゃおうかな」
双球をしたから撫で上げ、手の中に入れる。
「ひぁ、そ・・っ、んあ」
ぶるぶるっと震えが走る。ごく、と口の中に沸いた唾を呑み込んだ。

ひろさん、反則その一。
俺の体もカッと熱くなった。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

反則されればされるほど
新井君の闘志に火が灯る ボッ🔥
技はかけられず、かけっぱなし( ̄▽ ̄)
この時間だけは、どんどん反則かけられたい崇なのでした 笑笑

苑田君、そのまま行けば、
又、新井ネコが🐈『にゃに❓』を連発し
反則の数増えてくよ〜〜💖
とは言え、やめられない止まらない
苑田君の甘〜い反則技、オバちゃん達も耳ダンボで👂聴いてるよ〜〜😍

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> 反則されればされるほど
> 新井君の闘志に火が灯る ボッ🔥

はい~。まるで障害物を飛び越える馬v-230かワンコv-528
飛び越えた先にはご褒美がありますもんね~~~( ´艸`)


> この時間だけは、どんどん反則かけられたい崇なのでした 笑笑

「へへ、分かります? うさめりさん。も、ひろさんの反則技に何回生唾を飲んだこと・・・・い(痛)ったーー、抓ったりしないでよ、ひろさん」
「俺は何もしてないっ!(ツーン)」


> とは言え、やめられない止まらない
> 苑田君の甘〜い反則技、オバちゃん達も耳ダンボで👂聴いてるよ〜〜😍

きっと、たくさん言ってくれることでしょうーー。
楽しみに待ちましょうね!



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top