FC2ブログ

『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*誘いの手ー55

後半、和叔父さんの視点が入ります。 ~~ から ~~ の間です。



レストランで食事・・、と思っていたけど高速のサービスエリアにも結構美味しいお店がある。
っていうのも和叔父さんと下見したから気付いたんだけど。

「ここ、有名レストランがはじめて進出した、って有名なんだ」
「すごい。何でも知ってるんですね、智さん」

見つめる優菜ちゃんの目がキラキラしてる。 

「・・そんなに偉くないよ。
俺、優菜ちゃんに喜んでほしいから、調べたんだ」
「・・でも、嬉しいです」
うう、優菜ちゃんっ。そんな目で見られたらまた抱きしめたくなるよー

「と、とにかく行こう。席が無くなっちゃう」
「はい」


~~ 「平和だなー」
「そうだね」
「俺たちの苦労は何なんでしょうね? 」
「好きな相手の為なら何でも出来るよ、僕は」
「俺だってそうです」
「だったら愚痴は、少なくとも僕の前では言わない。僕が喜ぶだけだから」
「・・・ヤな奴ですね、あんた」
「誉め言葉だと受け取っておくよ」
げ、悪魔の笑い。と内海くんがボソリと言うが聞こえない振りをする。と、
「・・・。智さんは、食事してるんですか? 私も行かないと」
相変わらず空気を読めない女が割り込む。
「大丈夫ですよ、智華子さん。智はあなたを必要としてない。優菜ちゃんが居ます」
「・・ああ。彼女が私の代わりに相手をしてくれてるのね。それならいいわ」
変な虫も寄ってこないでしょうから。
そう続けて大人しくサンドイッチを齧る。

どう脳内変換をしてるのか。 やはりこの女は危険だ。

内海くんと目が合い、二人して頷き合った。 ~~



↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

佐田さんて、ここまでこんな人だったの⁉️
危険より、怖い怖い怖い怖い‼️
ストー●➖してる時点で(まぁある意味和弘さんも内海君もそうだけど(⌒-⌒; ))
思い込みが激しいのはわかるけど、
「私の代わりに相手を…」の発想は余計に怖い〜〜(; ̄ェ ̄)

2人が捕まえてくれていて良かった状態だわね…

これが怖すぎて智くん達のラブラブ飛ぶわ(⌒-⌒; )

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> 佐田さんて、ここまでこんな人だったの⁉️

「はい? 私何か変ですか? 」
ご自分を普通だと思ってるんですね、智華子さん・・。


> 思い込みが激しいのはわかるけど、
> 「私の代わりに相手を…」の発想は余計に怖い〜〜(; ̄ェ ̄)

「優菜さんには申し訳ないのですが、智さんは恐らく練習をしてるんだと思うんです。私をデートに誘った時困らないように。で何も怖くはないですよ、うさメリさん」
・・それ、絶対違ってますから!


> これが怖すぎて智くん達のラブラブ飛ぶわ(⌒-⌒; )

うさメリさま、飛ばさないでーー。
智くんが送りオオカミにならないように追跡・・、いや見守り、じゃない、、えーとえーと・・
ともかく、見ててあげてください<(_ _)>



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top