FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』36*肩を並べてー76

中休みのあとの(1回めの?)続きエッチ。Rー16になるか18になるか微妙ですが、年齢に達しない方、苦手な方はご遠慮ください。大丈夫な方、スクロールしてどうぞ。






























ひろさんの足を跨ぐ形になってるから膝立ち。あんまり激しいことは出来ないから、代わりに動きに変化をつける。
「だ・・めだ、それ、は」
ビク、と揺れるたび俺のを絞るようにうねる内壁はイレギュラーな動きで、持っていかれそうになる。それにまだなんの痕も付けてない背中の白さは俺を誘惑するし。
「・・く、ひろ、さん・・っ」
「ぁ、あ。もぅっ。・・い」
「イイ? イきそ・・っ? 」
俺が先に限界突破しそうで、悪いと思いつつひろさんの腰のくぼみをひと撫で。と、ひろさんもギリギリだったようで、
「あぁあっ、あ・・、っく、いク ――ッ」
「ぅ、あっっ」

さっきより強い快感が襲ってくる。

ひろさんの背中がきれいなカーブを描いて撓り、フェロモンが俺を直撃し、俺も二度めの放出をした。


流石に疲労してひろさんの背中側に寝転がる。
体の密着が離れ粘つく音と引き出されたモノの柔らかさが、達成感とか気恥ずかしさとかのいろんな気持ちを起こさせる。
「・・っ」
ひろさんの小さな声と濡れる感触。
(溢れて来たんだ)
「ひろさん、出していい? 」
ちゃんと後始末しないと、ひろさん、具合が悪くなるもんな。
「・・さっさ、と、・・しろ」
腹に力を入れると出るのが分かるのか、ひろさんの耳が赤くなる。
耳だけじゃなくて、全身が淡く染まる。

ごくん、と唾を飲み、聞こえたかもしれないと慌ててタオルに手を伸ばした。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

慌ててタオルを手にしないと、
3ラウンド目に突入しちゃうもんね 笑笑

オバちゃん達はそれでも全然オーケーなんですけどね❣️
なにせ苑田君がもう… …
ヤっちゃったら、今後1ヶ月はお預けになりそうだもんね〜 笑

充実、満足(まだ足りない❓)な営みだったことでしょう💞

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> 3ラウンド目に突入しちゃうもんね 笑笑

味をしめてしまいましたからねー。また使いそうです、抜かずの~~。 って。 笑
「お断りします」
「でもひろさん、(中側が俺のモノを)放してくれないよ、ほら(グイ)」
「っ、ばか、やめ・・、っあ」
あー、ハイハイ。


> オバちゃん達はそれでも全然オーケーなんですけどね❣️
>
> ヤっちゃったら、今後1ヶ月はお預けになりそうだもんね〜 笑

あはは、やりそうです。苑田、仕事大好きですから。
「それは、分かってるんだよな? 新井」
「は・はははいっ! 」


> 充実、満足(まだ足りない❓)な営みだったことでしょう💞

それは確実です。明るいうちからエッチなことしてるんですもんね♡♡



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top