FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』37*終わって、始まるー3

キリンの被り物をしたひろさんはいつもより二十センチくらい背が高くなってる。最初着替えた部屋から出る時、被り物の高さに気付かなくてぶつかってしまった。けどすぐ覚えて、それからはスムーズに動いてる。
俺たち大人はお菓子の入った籠を持ち、子供たちからの、
「トリックオアトリート! 」
「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ~」
の声に、
「じゃんけんで負けたらお菓子をあげる」
と返事。あちこちで買った負けたと賑やかだ。
俺はというと、勝率が悪くて早くも籠の中身は空っぽ。それでお役御免と壁際の椅子で一休みしてたら、
「カボチャのおじさん、遊ぼー」
男の子たちが手を引っ張る。

パンパン、と手を叩く音が聞こえた。
「さあ子供たち、お終いの時間ですよー。お家に帰らない子は、魔女がお菓子を取り上げちゃうぞ~~」
本当に魔女の扮装をした女の人が杖まで持って宣言する。子供たちはキャーと叫びながらお菓子を抱え、楽しそうに帰っていった。
そして大人たちは仮面を脱いだり着替えたりして、慰労会という名の飲み会に突入。

「崇さん、お疲れさま」
ポン、と肩を叩かれ、
「あ、は・・、和美さん?! 」
「ふふ、ビックリした? 誘ってもらったのよ、魔女役」
化粧は落としてるはずなのに、
「魔女してますね・・」
「あら、嬉しい。はい、どうぞ」
差し出されたのは、
「目玉っっ!! 」
山盛りの目玉! に思わずのけ反る。
「美味しいのよ」
「いいい、いいっ、結構ですっ」
「そんなこと言わずに」
って、フォークに刺して出さないでーー。
「なんだ、崇。食べないのか? 」
横から手を出して一つ取ったのは、ひろさん。
「え・・、ひろさん、食べ、ちゃうの? 」
ひと口大のサイズが、本当に目玉っぽいんですけど。。
「ん、うまい」
ひええ・・。
「これはムース。こっちのはゼリーよ」
「私たちのお手製なんだから、ちゃんと食べて帰るのよ、崇」
母さんまでー。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

めっちゃ楽しかったね〜〜🎃🎃🎃
オバちゃん何気に骸骨の全身タイツと化粧してたからバレずにいられたわぁ 笑笑

いいわね❣️このイベント👿🍭
お菓子は貰えなかったけど、バレるといけないからこれで退散するわ。
目玉のお菓子は1ついただきましたけど( ̄▽ ̄)

和美さんもお呼ばれされて、楽しい(だけじゃない?)
ひと時が過ごせそうね❗️

隠し撮りした写真もあるけど←しっかり撮った
動画撮ってたら見せてね〜😀

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> オバちゃん何気に骸骨の全身タイツと化粧してたからバレずにいられたわぁ 笑笑

ぅ・ぅ・うさメリさまーー! 某湿布薬のCMを思い出しちゃったですよ。 ( ´艸`)


> いいわね❣️このイベント👿🍭
>
> 目玉のお菓子は1ついただきましたけど( ̄▽ ̄)

「うさメリさん、もう少し渡そうとしたんだけど、『バレないうちに帰る』って、ささーっと居なくなっちゃったから。。残念」
あ、私貰います! 和美さん、相変わらずお綺麗~~。
「このあとお楽しみもあるからね(^_-)-☆」
うさメリさま、カムバーック! 


> 隠し撮りした写真もあるけど←しっかり撮った
> 動画撮ってたら見せてね〜😀

誰かが撮ってる可能性、大です。あとで新井か―さんに聞いておきます♡



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top