FC2ブログ

『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*転がって、目が変わるー 17

(ダメだ。限界)
起こしてしまうかもしれないけど、ごめんね。
ぐい、と腕を持ち上げ脇へ。次は足なんだけど・・、
「・・(わ?! )」
やっとどけた和叔父さんの腕が俺を押し倒す。
(和叔父さん、トイレに行かせてよー)
もう一度腕をどかし、足を持ち上げ、
(う~、足って重たい)
両手足をついて和叔父さんを跨ぐ。

用を済ませて戻ってくると、和叔父さんの位置が変わってた。俺が寝てた壁際でこっち向いてて。
(しかも何か抱っこしてるみたいな)
手の形。
かと言ってそこに寝るには隙間が・・。
しょうがないから起きてもらおうか、と迷っていたら、
「・・んー ~~」

何か、言ってる?

「・・・・」
気になって、そろりとそばへ寄る。ベッドに上がり、じっとしてると、唇が動いた。
「・・、・・・て、・・・く、ん・・」
聞き取れない。
でも、寝顔の眉が寄って、苦しそう。
嫌な夢でも見てるなら起こした方が良いんだろうか?でも、佐田さんのことできっと疲れてる。

そんな様子を見ていられなくて、
「和叔父さん・・、大丈夫。大丈夫だから。俺がそばにいるよ? 」
小声で言って、肩や頭を撫でた。何度も。
寝てても伝わったのか、安心したような、笑顔みたいな顔になる。

良かった。
俺もホッとして和叔父さんの横に潜り込んだ。



↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top