FC2ブログ

本文

『プリズム』15*湯島さんと香川さん

新井くん、拗ねてしまいました。でも、仕事に引き摺ったら駄目よ。  ほら、大変なことが。




「どこかで食べていこう。何がいい?」
「・・ひろさんの所がいい。」
「俺の?」
「だめ?」
「構わないが・・」
困惑する表情を向けられなにか。。
「じゃあ、いいです。俺、帰りますから」
「たかし?」
どうかしたのか?と腕を取るひろさんの手を振り払ってしまった。
「あ・・」
俺の拒絶に驚きと傷ついた表情を見せ、かたまるひろさん。

「帰る」

これ以上一緒にいたら喧嘩になってしまいそうで、目を逸らし、歩き出す。だから、
「崇・・」
俺の背中を見ながら、泣きそうな声で名前を呼んでくれたこと、気付かなかった。



部屋に帰ってベッドの上に鞄と上着、ついでに自分も投げ出す。
「なんだよひろさん。丸林くんにばっかり・・。俺は本の一冊だってもらった事ないのに
励ましたりとか。・・・俺には」
携帯の着信音が鳴る。あの音は、ひろさんだ。

九回鳴って、止む。

それからあと、、鳴らなかった。


翌朝、着替えもせずいつの間にか眠っていたせいで皺がついたスーツを急いで脱ぎ、シャワーを浴びて出勤する。

「いっけな。携帯忘れた。」
ひろさんにメールするか悩んで出しておいたのをポケットに入れ忘れた。
仕方ない。遅刻する。


「・・・はい、おります。新井くん、電話。」
「あ、すいません。・・もしもし」
― やっとつかまえられた。浦島商事の湯島です。」
― ああ、いつもお世話になっています。どうか?」
― 携帯に連絡入れたんだけど出なかったから。急に要るものができたの。今日、寄ってもらえるとうれしいんだけど。」
― 分かりました。時間、未定になりますけど・・、午後イチか夕方になら。」
― それでいいわ。お願いします。」
― はい。」

「どうした?ポカでもしたのか?」
聞いたのは電話を取り次いでくれた同僚の岩志田だ。
「そうじゃないけど。携帯忘れてさ。」
「ならいいけど。浦島商事って時間にうるさいだろ?」
「うん、気をつける。サンキュ」

いつも通り外回りして、社内の倉庫でのチェックがもたついて・・、
「うわっ!忘れてた!」
机に戻ってPCの付箋を見て思い出した浦島商事への連絡。
「やば。もう十九時」
急いで電話を入れる。
「誰か居てくれるといいけど・・」

― はい、浦島商事です。」
― 済みませんっ、遅くなって。名賀都商事の新井です。」
― ・・・・・」
― すいませんでした!・・・あの」
向こうでため息をつかれ、焦る。
― あの、本当に済みませんでした・・・。」
― もういいわよ、新井くん。」

うわぁ、湯島課長さんだ。

― 個人的な用事だったし、時間も遅いから難しいでしょう?次はわすれないで
  ね。」
― ですけど」
― 思い出してかけてきただけでも良しとするわ。待ちぼうけするかな、って思
  ってたし。」
― あの、せめて用件だけでも」
― ・・以前話していた’名刺‘のこと。ちょっと・・、名前が変わるから、それ用
  に作ってもらえたらな、って。」

そんな大事なこと?
 やれやれ、個人的なこととは言え忘れちゃいけないよ、新井くん。
挽回できるかなァ?



関連記事
スポンサーサイト



コメント

苑田君、ヤキモチやいてるの。少しだけでも解ってやってね

(ーдー)ハァ…
やっちまったな新井君

「営業にいるのが一番」て言われたいんでしょ?
ダメダメ┐(-。ー;)┌
ぜっんぜんカッコよくない!!

なに?その初歩ミス?!
入社何年目だっけ?

これじゃぁ苑田君に嫌われても仕方ないな!!!

(これ位言ったら反省しますかね?え?怖くてビビって萎縮する?ウシシ)


アーでも言い足りない
中島部長~一緒に『喝』入れてやりましょーよ!
じゃぁ、駅前の居酒屋で19時半に集合と言う事でww(  ̄▽ ̄)

Re: 苑田君、ヤキモチやいてるの。少しだけでも解ってやってね

うさメリさま。 ようこそ。

>(ーдー)ハァ…
やっちまったな新井君

やっちまいました。。もう、携帯に紐でも付けて、首から下げておきなさいよッ!と言いたいくらい。


>(これ位言ったら反省しますかね?え?怖くてビビって萎縮する?ウシシ)

お、うさメリさま愛のムチ。どれも効果あると思いますよ。一番効くのは、’苑田君に嫌われても仕方ないな!!! ’でしょう。ハハハ。


>中島部長~一緒に『喝』入れてやりましょーよ!

「あん?新井のやつ、そんなミスしてたのか。 しょうがないな。・・ああ、付き合いますよ、居酒屋。けど、その必要はないかもしれませんよ(ふっ)。苑田にくっついていると色々鍛えられますからね。」

あら中島部長、意味ありげに笑っちゃって。そーですかあ?新井くん、なにかやれるのかな?
失敗をチャンスにできるかどうか、お手並み拝見・・といきましょうか。
ふふふ、新井くん、背後から視線を感じるかもよ♪




ありがとうございました。


トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top