FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』16*悩みは、いろいろー8

さて、まだ続いてます。と言うか、これから本番?もちろんR(多分R18)なので、年齢に達しないかた、苦手な方はスル―してください。大丈夫ん方、スクロ-ルして、どうぞ。




































俺とシている時、ひろさんの‘やだ’は、嫌いのいや、じゃない。感じてしまって、どうしていいのか判らなくて言ってしまうらしい。
それが理解できてから、何度でも聞きたくなった。

「ひろさん、どこが嫌?これ?」
「ぁ・・んっ。ゃ・・あっ」
胸を弄るのをやめた手で脇腹を滑るように撫で、一番弱い腰骨のあたりへ潜らせる。
音を立てて息を吸い、体を跳ねさせるひろさん。雄同士が強く押しつけられ、
「ぅあ・・っ」
その刺激に俺も声が出て、先端から溢れるのが分かった。
「あ・・ぁっ」
ひろさんの声が一段高くなる。その色香に危うく暴発しそうになりぐうっと奥歯を噛む。

「・・たかし・・?」
「ひろさん、どうしてそんなにエロくなる?」
呼びかけられ、上半身を離して手をつき覗き込むと、
「俺に・・分かる訳、ないだ・・、っく」
雄を握られて眉を寄せる。
「でも、もっと知りたい。ひろさんの、イク顔も。」
俺のより透明な液を纏って、硬い、どくどく脈打ってる雄を包み、手を上下に動かす。ニチャにちゃと動きに合わせて粘る水音が俺たちをまた興奮させて、ひろさんは一気に駆け上る。

「や・やぁっ、た・・・しっ、あ・・だ、め、んっ。・・ぁ、も・・・」
「すご・・。また、硬くなっておおき・・・」
「聞・・かせ・・・な、って、い・・・ひぅっっ!」
先端の鈴口を親指でくるくるやると、限界が来たのか背中と顎を反らし快感を解き放った。

手に受け止めきれなかった分が胸や腹に飛ぶ。
達して、肩で息をするひろさんの脚を大きくひらいて体を入れ、
「ひろさん、今度は俺ので感じて?」
尻の狭間に手の中の白い体液をこすりつけた。そのまま押し広げるように指を、入れる。
ぎゅっと締まった入口がすぐ緩まり、ゆっくり受け入れて、呑み込んでいく。
「・・熱くなってる」
「・・、い、ちいち、言うな・・・」

そんなこと言わないでよ、と言う代わりに、入れた指をグルと回した。



新井くん? なんかS気出してない? 
気のせいかしら・・。

そして引っぱってしまって、すみません~~。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

〉どこが嫌?
って、感じるとこ聞きたいからって
攻めるねぇ♪(人´ з`*)♪

さすがに口ではハズくて言えないだろうけど
身 体は正直ですよねぇ(*´ω`*)
きっと新井君にだからどこ触られたつて身悶えちゃうんだろうけどww

新井君もそろそろ主導権握れそうかな?(*´∀`)

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。

>って、感じるとこ聞きたいからって
攻めるねぇ♪(人´ з`*)♪

そりゃ、エチの時の相手のエロい顔や声はごちそう&興奮剤。たっくさん欲しいものだから新井くん頑張ってます~(笑)。


>きっと新井君にだからどこ触られたつて身悶えちゃうんだろうけどww

ですね。つんつんされても感じちゃいそう。

「へへ、やったことあるんです、それ。ね、ひろさん?」
「お・・おまえは!そんな事わざわざ言わなくって・・・んんっ」
「ほら、服の上からだって。ひろさん、敏感(にや)」
「やめろっ」

あーらら。それいじょうやるなら他でしてね―。
主導権・・。ん~~どうでしょう? 50%行ったか?? 聞いておきますね。腐腐。




ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top