FC2ブログ

『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*頼みごとー6

和叔父さん、やり方がスマート。



緑色のネクタイは数が少ない。選ぶのは楽だけど、
「うーんん・・」
「気に入らない?」
「・・うん。てか、想像できないから・・」
「じゃあ、こうしようか。」
和叔父さん、自分のネクタイを緩め、シュッと小気味いい音を立てて襟から抜き取る。次に、選んだネクタイの一つを取って結び目のような形を作り、襟元に当てた。
「まず、これ。それから・・・、こっち。どっちがいい?」
「こっち。」
そうやって選んで一つになった。

「はい。」
「ありがと。」
クリスマスラッピングされたネクタイを受け取る。中身が判っていてもうきうきする。
「さて、本題に戻ろうか。」
「あっ、そうそう優奈ちゃんの。ごめんね和叔父さん。」
「いいから。」

エスカレータで一階下に降りながら、
「無難なのは何だと思う?」
「・・・マフラー、かな?」
そんな会話をする。
「そうだね。あとは、店員さんに頼めばいい。」
「店員さん?」
「餅は餅屋、ってことだよ。」


何がいいのかも決められなかったさっきより、あげたい物が決まって足が動く。でもやっぱり赤とかピンクとかの色は慣れなくて居心地が悪い。
「何かお探しですか?」
見て回っていると、店員さんがにこやかな笑顔で近付いてくる。
‘ほら’、と和叔父さんに背中を押され、
「あの・・、クリスマスプレゼント、探してるんです・・けど」
「まあそれは。おいくつぐらいの方ですか?」
「あ、二十才(はたち)です。」

店員さん、一瞬顔が固まったけど、
「お相手の方は、学生さんですか?」
笑いを含んだ声で聞き返してくる。
あ!

「・・高二で、十七才だった、・・です。多分。」
「そうですか。では・・・・このあたりならよろしいかと思います。お決まりになりましたら、またお声をおかけください。」
「ありがとうございます。」
と、和叔父さんがお礼を言って。店員さん、離れていった。


 思いがけずプレゼントもらった智くん。
嬉しかったのか、危うく、メインの優奈ちゃんへのプレゼント忘れそうになりましたー。
でも、大人な(?)和叔父さんの助け船。

優奈ちゃん喜ぶでしょうねぇ・・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

思いがけずのプレゼント!
これでこのネクタイにあったスーツを一式揃えられるね♪
昔取った杵柄で、デパートの紳士用品売り場に勤めていたワタクシがコーディネートしてしんぜよう!!
って、30年も昔の事だから流行りもんがわからないけどww

『こちらの方は彼氏…お身内の方ですか?是非この次もお二人でいらして下さいね❤またのお越しをお待ち申し上げております<(_ _)>』


忘れて無いよね?智君?
「お返し」って言葉日本にはあるのよww
いや、別に強制ではないけどね。
和叔父さんも期待はしていないだろうけどね。
デパート出る前に気づこうね!!気づくかな?気づけ~~ww

和叔父さんの事だから、智君の嬉しい顔見れただけで満足してそうだなぁ♪

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。

>思いがけずのプレゼント!
これでこのネクタイにあったスーツを一式揃えられるね♪

そうそう。成人式は終わったけど、これから就活だもの、スーツは必須。自分の好きなネクタイなら気合も入ります。
最近は2ボタン・シングルスーツが流行りのようですよ、うさメリさま。全体に英国調だとか。

あ、応対した店員さんも思ってるでしょうね・・「親子に見えるけど、うっかり聞けないし」 って。


>デパート出る前に気づこうね!!気づくかな?気づけ~~ww
>和叔父さんの事だから、智君の嬉しい顔見れただけで満足してそうだなぁ♪

和弘(和叔父)さんは、智くんに頼られた時点でもう満足してます~。たとえそれが’優奈ちゃんへのプレゼント選び’でもね。 アクシデントがあったら・・・喜びそう。 腐腐。
智くん、気付けるかなァ?



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top