FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』20**大島ビルの、影-7




押しつけられたデータの束を持ったまま俺から目を逸らし、何も言おうとしない市島さんへ続けようとしたのを止めたのは、範裕さんだった。

「崇、もういい」
「範裕、さん?」
「いいんだ。事実は・・・、過去は変えられないし、言い訳をするつもりもない。
進藤とは、どうして出会ってしまったんだと思うことはあったが。 けど、そのデータ、大事にしててくれたんだな。ありがとう」

微笑んで俺の方をポンと叩く。
抱きしめたいのをようやく我慢した。
代わりに想いを込めて範裕さんを見る。受け止めた範裕さんも小さく頷いてくれた。

「・・・・それじゃ、どうしろと言うんだ。私に・・・媚を売れと言うのか?」

茫然とつぶやく市島さんに我に返る。危うく忘れるところだった。

「市島さん・・・。あの」
「そうなんだろう?君たちが言いたいのはっ」
「違います」
自棄になった市島さんに、範裕さんが静かに答えた。

「違う・・・?」
ええ。
俺が言いたかったのは、話題を増やしてはどうか、ということです。」
「わだい・・・」
俺に一度視線を向け、範裕さんが続ける。
「はい。担当者や総務の人たちの会話からでも色々分かります。それぞれの人の好み、興味を持っていること、家族の事なんかが。
それを知るだけでも話の糸口になりますし、広げる事だって出来る。

市島さんは、すごく記憶力の良い方ですから、使わない手は無いと思います」

「え? そうなんですか?」
思わず話に割り込んでしまう。

「崇」
「あ、すいません。でも、俺、そんなに頭よくないから、羨ましいです」
窘める範裕さんに首をすくめながらも続けると、市島さんの体から力が抜けた。
「・・・記憶力、か・・・。そんな風に言われたのも、利点だと言われたのも初めてだ。
『どうしてそんな事まで覚えてるんだ』 とか言われるくらいで」
「そんな、もったいないですよ! メモ取ったって忘れる俺に比べたら」
「だからおまえは常に手帳に書き込んでチェック入れろ、と言ってあるだろう?書けばその分覚えていられるんだ」
範裕さんは呆れ顔で俺を見る。

う・・、そうでした。

ぷっ、と小さく聞こえた吹き出す音は、市島さんだった。
「君たちは、いつもそうなのか?」
今日初めて聞く、笑いを含んだ声が温かい。

「私は・・・、今まで、雑談なんて時間の無駄だと思っていた。
だが、‘情報を集める’ことも出来るんだな。知らなかった。・・・・苑田く、ん」
言いかけて、躊躇う。

「やり方は、人それぞれです。市島さんにあったやり方を見つけてください。
手伝えることがあったら手を貸します。俺も、・・新井も」
言葉の先を予測したのか、範裕さん、笑顔で答えている。それから腕時計を見て、
「そろそろ行きましょう。電車も無くなります」
市島さんを促した。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ





 素の苑田を見て、気持ちの変化があった市島さん。このまま歩み寄ってくれたらいいなあ。
そして新井くん、頭だって鍛えれば進歩する。 勉強しようね♪


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

一瞬の二人の世界!
お互い名前で呼び合っちゃってるし!\(◎o◎)/!
苑田君何気に認めたような発言しちゃってるし!!

市島さんがさほどその件に関しては重要視しなかった事に安堵 ホッ
思わずこっちがドキドキしちゃったわよ~ 二人とも~~ww


そっか、市島さんの記憶力はどちらかと言うと余計なものとして言われてたりしたんだ…
もしや、それを言っていたのは進藤とか!?
あやつは自分の上に立とうとする者は潰しそうな所もありそうだしなぁ…?
出てくるものの目を潰すとか。。。
ま、今更出す話題でもないかww(^_^;)

ホントはね、市島さんも記憶力を利点に繋げると言う風に
自分で仕事の仕方を開拓しなければいけなかったと思うのですよね。
真面目な性格は良いけど、もう少し視野を広げられればね・・・
プライドが邪魔して人に聞くと言う事とかも難しかったりもしたのかな。

目からウロコ!
せっかく苑田君に記憶力は利点と言ってもらえたのだから
この先それを生かして昇進して
イイ・良い・好い・善い 部長になるようになれるように頑張ってほしいワ♪

新井君は…
メモも忘れるくらいなら、先ずはボイスレコーダーで録音して
それを移動中にメモに起こして
最終的にPCでデータ化するのもいいんじゃない?
新井君の場合、2度繰り返すより、もう一回過程を増やして
そしたら忘れないかもよ? ププ

少しは市島さんの気持も溶解してきたかな?
今度は3人で飲みに行けたらいいのにな♪

良い方へ向かってる~~~

頑なだった市島さんの心にもやっと、新井君の行動で気づかされた様子。 苑田さんのフォローもgood

雑談 いらないようで円滑に進む 仕事もこれがあって人の輪ができるとか。 先日食育なる講座を聞いてたのですが、6~14歳くらいが言語の発達が伸びるとか。 なのでTVは点けずできるだけ会話をしてほしいそうです。 ほー「無駄話は多いんだから」とぼやいてた親に聞かせたかったwww

ますみさま、うさメリさま お気遣いありがとうございます♡♡
 範裕さん&崇CPもどうもありがとうございます~
はい!完治してます  ただトラウマが残り 向かってくる自転車がスピードが出ていると足がすくむ
その時の職場も通勤が辛く退職  今は状況を知らない方が見ると不思議顔なので、チラ話します。

ボディガード~~~良いですね。

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> 一瞬の二人の世界!

ええもう。新井くん、熱視線で見てますから。「ひろさ―ん・・・」て。笑。


> 市島さんがさほどその件に関しては重要視しなかった事に安堵 ホッ
> 思わずこっちがドキドキしちゃったわよ~ 二人とも~~ww

やー、市島さんにとってその世界は宇宙の出来事と同じです。今は自分でイッパイイッパイ。完全スル―でしたー。
うさメリさま、 そのガン見は新井くん家の窓からですか?お向かいのマンション??


> そっか、市島さんの記憶力はどちらかと言うと余計なものとして言われてたりしたんだ…
> もしや、それを言っていたのは進藤とか!?

半分くらいは。あるいは、メモリか、レコーダー代わりにしてたか。自分の事を見られてたら文句言って、それ以外なら誉めてたんじゃないでしょうか。。


> プライドが邪魔して人に聞くと言う事とかも難しかったりもしたのかな。

そうだと思います。石橋を叩いても渡れない時がある市島さん。失敗は一時・・・だけの恥なんだって開き直って欲しいものです。要は、繰り返さなければいいんですから。


> 部長になるようになれるように頑張ってほしいワ♪

うさメリさま、大胆発言!そしたら中島部長はその上ですか?
「そ・・そんな責任ある立場なんて、無理ですっ。か・課長くらいまでなら・・・(by市島)」
お、やる気が出てきたみたいですよ?


> 新井君の場合、2度繰り返すより、もう一回過程を増やして
> そしたら忘れないかもよ? ププ

「ボイスレコーダー・・・。苑田さんが入れてくれるなら」
「甘ったれんな。自分でしろ。 とに、集中してる時は忘れないのに。だいぶ改善してきてるんだから習慣にしろ」
「はーい・・」

あは、怒られた。


> 今度は3人で飲みに行けたらいいのにな♪

まずは焼き鳥屋さんからですね。子湖塚さんのところはまだ二人だけの場所に。。



ありがとうございました。

Re: 良い方へ向かってる~~~

nichikaさま。 ようこそ。


> 頑なだった市島さんの心にもやっと、新井君の行動で気づかされた様子。 苑田さんのフォローもgood

はい。やっと、市島さんがイロ眼鏡なしで苑田を見はじめました。ここからちょっとづつ近付いてくれるといいですねー。
愛の力はすごい(笑)。


>「無駄話は多いんだから」とぼやいてた親に聞かせたかったwww

話を聞いてくれた相手には心を開きやすいですもの、そして信用とかが出来あがってくる。
セールスだって、結局は「あんたが言うなら」が決め手。相手の目を見て話すって大事ですよね。


> はい!完治してます  ただトラウマが残り 向かってくる自転車がスピードが出ていると足がすくむ

完治された! 良かった―。そのことだけでも’おめでとう!’です。v-425
心の傷はなかなか小さくなりません。相手の人もその傷を戒めにしてて欲しい・・・。


> その時の職場も通勤が辛く退職  今は状況を知らない方が見ると不思議顔なので、チラ話します。

人生の節目になってしまったんですね。話を聞いた方たちも驚くでしょう。本当に気を付けないと。


> ボディガード~~~良いですね。

私も、仮面ライダーか杉下右京サンが欲しい(笑)。nichika さまは誰がお好みでしょう~~?



ありがとうございました。

No title

ますみ様 おはようございます
なぜだかこの「影ー7」のコメ欄だけ右にビヨ~ンと広がってますww

あ、スミマセン横レスです

nichika様 完治なさっていると言う事で良かったです。
でもトラウマ・…わかります。
私も横断歩道の上で車に轢かれたので
横断歩道を渡る時は慎重になり足早になります。
少しずつでもそのトラウマが薄れていくことを願っています


Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> ますみ様 おはようございます
> なぜだかこの「影ー7」のコメ欄だけ右にビヨ~ンと広がってますww

おしらせ、ありがとう! 確認しました。ほんとですね!何かを弄った記憶はないのですが・・・。汗。
修正できるかどうか、やってみます。


> あ、スミマセン横レスです
>
> nichika様 完治なさっていると言う事で良かったです。
> でもトラウマ・…わかります。
> 私も横断歩道の上で車に轢かれたので
> 横断歩道を渡る時は慎重になり足早になります。
> 少しずつでもそのトラウマが薄れていくことを願っています

うさメリさまもそんな事故に!? なんてこと・・・。
理由はあるにしても、車は柔らかくない物体ですから痛いのは人間です。本当に大変でしたね。
私も車を運転するので、今以上に気を付けたいと思います。

「なんだうさメリさん、水くさいじゃないか。分かってりゃあ・・と、知り合う前の話だったか。しょうがない、そのうち姫抱っこで横断歩道渡ってやるから、連絡くれよ(by香川)」
「うさメリさん、そんな事があったなら、お体、労わってあげてくださいね。今度お店にいらしたらご馳走させていただきます。お早めにどうぞ(by子湖塚)」




ありがとうございました。

No title

か、香川さんに姫抱っこ?!(゜ロ゜)
気絶悶絶!穴という穴から色んなもの出ちゃいます(* ̄∇ ̄*)
そしてそのまま、ゴー トゥー ベッド!

まぁ❤マスターまで❗
ありがとごじゃりますぅ♪
では一杯だけゴチにナリマース♪(*^。^*)

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> か、香川さんに姫抱っこ?!(゜ロ゜)
> 気絶悶絶!穴という穴から色んなもの出ちゃいます(* ̄∇ ̄*)

それは危険ですっ。閉じる穴は閉じておいてください~~(笑)。


> そしてそのまま、ゴー トゥー ベッド!

「お、朝までか?んじゃ、週末だな。・・・ふっ、翌日歩けなかったら仕事に困るだろ?」
キャーー、そ・ん・な。


まぁ❤マスターまで❗
> では一杯だけゴチにナリマース♪(*^。^*)

「おや?チケットもご用意したんですけど、そちらは? ああ、次にいらした時に、ですね。わかりました。」
いーなー、私も欲しい。



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。
BL小説

Page Top