FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』5*ライバルと過去ー4

「役立たずが」
怒りを込めて吐き捨て椅子に凭れる。
(あいつに餌を投げたのは失敗だった)


新井に浦野商事の仕事でミスをさせ、引っぱる計画だったが今回は上手くいかなかった。
(また方法を考えないと)
クラブからもそろそろ新人を、と言ってきている。あそこで得たものを失わないためにも、
新井は条件にぴったりなのだ。
(専務に食い込むにもあれは必要だ・・・)

苑田の時は、簡単だった。まさかあいつの兄が伯父の心中相手だったとは思ってもいなか
ったから、知った時には小躍りした。
その事実と写真の入ったUSBを突き付けただけで簡単に落ちた。

「まだあいつには群がる奴らがいる。いざとなったら乱交でもさせるか。」
くく、と唇を歪ませて嗤い(わらい)、気を取り直した進藤は腰を上げた。


☆ ☆ ☆


カクテルをビールに変えてもらい、気が大きくなった俺は思い切って聞いてみた。
「苑田さん。あの傘・・、どっかで売ってるんですか?」
「傘? 何の話だ?」
とは主任。
「浦野商事の、湯島(ひと)さんって女性が‘模様の浮き出る傘’て探してて、苑田さんがこの間持っていたのがそれだったから・・・」
「ああ、あれか。売り場には無いこともあるから、ネットで探す方が早いと思う。」
「よくそんなの知ってたな、苑田。」
「知り合いが欲しがっていたんで、面白そうだし探しただけです。」
「とか言いながら実物持って行ったんだろ?」
主任が鋭く突っ込む。

はい、そうです。幾つも持って行きました。俺を荷物持ちにして。・・・・苑田さんに、口止めされている訳でもないのに、言えない。

「男性用もありましたから。よかったら持ってきましょうか?せんぱい。」
「ばーか。俺に似合うか。だが、そんな事に自腹するな。今に持たなくなるぞ。」
「気をつけますよ。・・・新井。」
「は・はい」
苑田さんが流し目をするみたいに俺を見る。どうしてこの人はこんなに色っぽくなるんだろう。
「あとで情報メールしとくから、湯島さん?に教えてあげるといい。」
「はい、お願いします。」

あとから色々分かってきたけど、湯島さんは’女史‘とあだ名されるくらいキャリアがある人なんだとか。けど姐御肌でもあって、沢口課長より総務で影響力のあるらしい。確かに歩き方もスッとしていた。



酔い潰れないうちに帰った新井。
居残った中島が、頭の中で整理した推測を苑田にぶつける。
「・・・それで、傘を使って先方(浦野商事)から新規参入の気配を聞きだしたのか?」
「いいえ。運が良かっただけです。波枝さんが忘れていたらそれっきりでした。」
「おまえは・・・」
言いかけてグラスの中身を飲み干す。
「全く。どうしてそれを武器にしてあがろうと思わないんだ?情報をキャッチするアンテナの高さとその行動力は同期の中でずば抜けているのに。宝の持ち腐れだ」
「・・・俺は、目立ちたくないんです。中島さんも知っているでしょう?隆裕の事。」
「・・まあな。だが」
「だからいいんです。それより、中島さんの方こそずい分気合が入ってるじゃありませんか?」
「新井か?」
「ええ。彼に任せたの、クセのある所が多いですよね?」
「‘鉄は熱いうちに打て’だ。山岳部だったんなら根性あるだろうしあれで意外に気が回る。
立ち直りも早い。 良い営業になると思ってる。」
「中島さんの太鼓判があるなら大丈夫。」
クスリと笑う苑田。グラスを取り氷だけなのに気付く。
「おかわり、作りましょうか?」
「うん、頼もうか・・・、」
マスターにグラスを渡そうとして手が止まる。マナーモードのスマホを取り出し、ため息をついた。
「ごめん、要らなくなった。」
「いいですよ」
マスターの柔らかい笑顔へ唇の端でだけ笑い返し、止まり木を降りる。背中を見せた苑田に、
「いい加減断ち切れ。」
中島が、繰り返し言っている言葉をかける。
「・・・・お先に。」
一度立ち止まった苑田だったが、振り返らず出て行った。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

意外な成り行きに 心中ああ 大変 奥が深く 傷も多そう
でもって ブラック進藤(笑) 絡んでますね くーー
この行動が何かやらかすのか やっちゃてる事が明らかになるか
目が離せません この方かなり重要ポイント占めてますよね 
なんか苑田さんと いつか新井君のLoveを期待しつつ そんなに甘くないお話になるのかしら (あくまでも 私Mじゃありませぬ)苑田さんの思惑に ドキドキです

Re: No title

nichika さま。 ようこそ。

>ブラック進藤

何だかこのニックネームが定着しそう(たはは)。ええ、進藤は重要です。苑田と因縁があるんです。
ちゃあんと敵役をしてくれますので、そこは安心してください(え?)。


>そんなに甘くないお話になるのかしら 

そ・それは・・・。時によって、としか言えません・・・(大汗)。でも、LOVEはちゃんとありますのでまたいらしてくださいね。


>(あくまでも 私Mじゃありませぬ)

はい♪了解です。



ありがとうございました。

最初はビール じゃあなくて逆なのね♪

ますみ様 こんにちは_φ(゚▽゚*)♪

苑田君がそんな理由であんな事に引き摺り込まれただなんて… …
その時の彼には、それしか道は無かったの?
進藤の悪事が悪い意味でイヤラシイ((( ̄へ ̄井)
理由にはちょっと驚きましたが、
そんな姑息な手で上に昇って行くなんて
なんて穴の孔のちっせい奴!!!!
足腰も大事な部分も立てないようにしてやりたいww
ま、こんな輩はどのみち自分で潰れて行くんだろうけど!!
(^^;)(;^^)?潰れないかも?

新井君、お酒の力で気持ちが大きくなるのね♪
と、言うことはお酒が入ると大胆になる( ☆∀☆)タイプ?
今回は送って貰えず残念…
ちよっとは期待もあったかしら(笑

行ってしまう苑田君を引き留められない中島主任も辛そう…

Re: 最初はビール じゃあなくて逆なのね♪

うさメリさま。 ようこそ。

>そんな理由であんな事に引き摺り込まれた

理由はまたおいおいと。進藤にとって、苑田の兄・隆裕は絶対許せない相手なんです。そして苑田自身も進藤が持っていない営業センスをもっているからさらに目の仇(かたき)にされて・・。
結果、来週のRに続く事に・・・っと、内緒ないしょ。

あ、ずぅーーーっと先ですが、自業自得になります。進藤。


>新井君、お酒の力で気持ちが大きくなるのね♪

はい、今は。目覚めたらまた別かもしれませんよ? お楽しみに。
同伴帰りはまた機会があります。うふ。


>行ってしまう苑田君を引き留められない中島主任も辛そう…

苑田サイドの事情は知っていますので。手を出したいけど・・・。もどかしい思いでいるでしょう。


ありがとうございました。

トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top