FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』7*呼び出し

和美さんと話していたキッチンを出て部屋へ向かう。
住む人が少なくなったとはいえ掃除がいきとどき、花が飾ってあったりするのを見ると、家の中が温かい気がする。

寝具は、隆裕の部屋にまとめて置かれていた。
一揃い選び、玄関に近い茶の間へ持っていき、宅配を頼む。
「でもどうしたの?来る早々布団だなんて。まさかベッドに穴でも開けた?」
「いいえ。後輩・・が、終電乗りそこなったんで俺のところへ泊めたんです。ただ、予備が無くて結局ベッドで・・」
伯母の発想に苦笑して理由(わけ)を話す。彼女は笑顔のまま、
「まああ、範裕さんも連れて歩く後輩さんが出来たのね。」
「厳密に言うとちがいますけど。」
崇、は、中島先輩の後輩だ。胸の内で呟くとなぜかチクリと痛みが走った。~~



あれから、苑田さんとよく会うようになったと思う。社内や、中島主任に教えてもらったバーで。
もっとも、連絡を入れるのはほとんど俺だ。主任から、俺の担当している会社のいくつかは苑田さんが担当していたり、開拓したものだ。と聞いてからは自分に言い訳せず連絡できるため、自分なりに気付いたことへの意見を聞いてはちょっとムダ話をする。
課が違うから一応気を使ってメール中心にしてあるけど、うれしい事に変わりはない。

「あれ?新井じゃないか」
「あ、北森。」

外回りで昼になり、食べていた店で北森と再会した。たまたま空いていた俺の前に座って注文をする。
「久しぶり。」
「そうだな。」

前に、苑田さんの‘枕営業’の話で気まずくなったけど、しこりにはなっていない。
ところが、こいつはまた苑田さんの話題を出してきた。
「そういえば部長、専務の娘と付き合ってるんだって。聞いたか?」
「ん。・・なんかそうらしい。」
進藤部長が専務のお嬢さんと交際していて、じき婚約するらしい・・。の噂は、しばらく前から公然の秘密となって職場に流れている。一課の誰かが女性と二人連れの部長を見撃したこともあり、信憑性は高い話だ。
「いいよなあ。あー俺もせめて部長に気に入られて出世コース、なんてなりたいけど二課じゃなあ。」
羨ましそうにぼやく。でも、高級文具を扱う二課の人間がギラギラしてたら、すぐ取引なくなりそうだ。

「あ、その幸せそうな部長と苑田さん、同期だったよな?」
「え?・・まあ、そう聞いたことあるけど、何で?」
いきなり出た名前にどきんと心臓が跳ねた。
「いや、同期つながりで思い出してさ。あの人、この頃雰囲気変わったんだ。」
「へ・えー・・」
「前はさァ、なんかこう‘近づくな’オーラ出してたんだけど、最近それが無くって話しかけやすいんだ。それに言ってた事あったろ?あの人すげえ記憶力よくってさ、こないだ分かんないとこ聞きに行ったらそっこー答えてくれて、しかもドンピシャ。あれ、助かったなー。」
「・・・・そんなに凄いのか?」

俺にはそんな風に教えてくれない。

「うん。・・・覚えてるってのもそうだけど、あれ、結びつける力がスゴイんだろうなー。俺じゃ思いつくことさえ出来ないもんな。」

一人感心している北森の前で、俺は何だか苛々していた。
俺の方が苑田さんに近いのに。名前を呼び合えるのに、北森にはすぐに答えを教えてやってる。

「そうか。良かったじゃないか。」
「新井?」
急に棘とげしだした俺に面食らう北森。
「おまえ、どうかした?」
「別に。」
残り半分の食事をかっ込んでいると、
「・・・・・もしかして、おまえの周りに居ないの?苑田さんみたいな(― 知恵袋みたいな―)人。」

(うるさいな。苑田さん、って連発するな。)

「なんだそっかー、それなら早く言えばいいのに。苑田さん、以前一課にいたこともあるらしいし、聞きに来ればいいじゃないか。」
眉間にしわを寄せて聞いている俺に、北森がどこか自慢げに言う。
「苑田さん、きっとおまえにも教えてくれるぞ。」

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ふぅ~ん・・・進藤その交際、愛があるのか!?
って、進藤から始めたコメに自分でムカついてしまいました(笑)

新井君今度はジェラシー(*^。^*)
これまた可愛い❤
北森くんが苑田さんに関わっているのが嫌なのね。
それも自分とは違う風に教えてもらっってるってのが特に。
でも、手取り足取りじゃないだけ良いでしょ(爆

何気に積極的な新井くんですから、
「北森にはどうしてあんな風に教えるんですか?」
って聞きそう(笑)

苦笑いをしながら返答する苑田君が浮かびます

もう完全に苑田worldにハマりまくってきましたね。




Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。

>進藤その交際、愛があるのか!?

ありますよ。進藤がアイスルのは、’専務の娘’という肩書です。そして最終目標はもちろん社長。
でもねー、日ごろの行いが・・・。腐っ腐っ腐。ちゃんと転びますから。


>新井君今度はジェラシー

そうそう。「何で俺にはヒントしかくれないんだ~~」ってとこが(苦笑)。
苑田、中島先輩みたいに新井くんを伸ばしたいんです。「あいつなら大丈夫」と見てます。

あ、苑田が答える前にちょっとありまし・・・・。わ、内緒・ないしょ、です。
それから、前回も2通無事来てました。 何度もすみません(ペコペコ・・汗)。どこがヘンなのかしら??



ありがとうございました。

No title

あ~~ やっぱりソッチですかぁ
えっ!!ますみ様 転ぶだけ??
高所から転がり落としてペシャンコじゃなくて?←ヒドッ

苑田さん 新井君をかってるんだ♪
掃除のおばちゃんの噂話で新井くんに言ってあげたいv-291

こちらこそ何度もお手数おかけしてすみませんv-12
ほんと、何ででしょ…

わかった!!
進藤の事書くと彼の念が阻止するのかも!?

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。

>高所から転がり落としてペシャンコじゃなくて?

進藤はですね、自業自得、自分の蒔いた種、という結果が待っているんです。女性関係で、ね。何しろ全くのノン気。 「男同士?そんなやつが隣にいたら殴ってやる」 くらい平気で言いそう。
そのくせ’枕営業’させてるんです、苑田には。ヲイヲイ、です・・・。


>苑田さん 新井君をかってるんだ♪

ええ。すごく。だから教え方もわざと遠回り。すぐ答えをあげてません。
あ、掃除腐レディ。いいですねー。ああいう方々、結構情報通ですし。苑田、話してるかも。
「○○さん(名札付けてたら名前呼んでくれます)、一課の新井ってやつ、頑張ってるんだよ。」  なんて。

苑田、社内の情報源の一つに彼女たちとの雑談を取り入れてますから。


それと、拒否ですが。
私的には’さっちゅうざい’の、「さつ」が引っかかったのかな?と思ってます。コロス・・ですから。
私も、他のお宅(?)へお邪魔した時、胸のぽちをズバリ書いて、撥ねられた覚えがあるんです。。
「えええッ!なんで~~?!」
ってなった過去が・・・。その人その人のガードの高さとか、設定に因るんでしょう。

見直してみようかな、もう一度。。



>進藤の事書くと彼の念が阻止するのかも!?

わぁオ! あり得そうです。敵役だもん(キッパリ・・・え?)。


ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top