FC2ブログ

『プリズム』

『プリズム』26*G・Wの再会ー18

ひろさん、耳が赤い。  ひょっとして・・・?

「ね、感じてる? 」
返事が無い。
「ねぇ、ひろさん? 」
わざと息を吹き込むように問いかけ、ついでとばかり舌で舐めた。
「っあ」
びく、と肩を震わせて応えるひろさん。 うわぁ、気付かなかった。
「・・打ち込んだのが消えるだろ。それ以上・・、するな」
「でも、感じてるよね」
手の平で胸元をゆるゆる撫で回し、刺激してみる。
「・・・った、痛たっ。・・ひろさぁん~」
「データが消えたらどうするんだ。それにまだ昼間だぞ」
「いいじゃん。まだ連休半分以上も残ってる」


陽が差してる、夜じゃない時間。ひろさんが許してくれるのはキスだけ。今まではそれでよかった。

けど、なぜか抱きたくて仕方ない。


抓られた手の甲を、ひろさんの耳のそばで音を立てて舐め、横顔を盗み見た。
目元が、頬がうっすら染まっている。
「ひろさん」
待てない。我慢できないと、ひろさんが抵抗する間も無いくらい素早く顔をこっちへ向けさせて、唇を塞ぐ。
「ん・ふっ」
深く合わせ、舌で押し開けるようにして唇に隙間を作り歯列をなぞる。
「んんぅ・・、ん~・・」
ローテーブルで、胡坐をかいて座り作業していたから、思い切って体を動かせない。その、大きく開いてる股間に手を置いた。
「ンッッ」
ガタッとテーブルが揺れる。ひろさんの膝が跳ねて当たった音。

そこは、硬くないけどはっきりカタチが分かる。それだけ反応してくれてたんだ。









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ



 おおお? 
新井くんこのままなだれ込むつもり?


関連記事
スポンサーサイト



コメント
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top