FC2ブログ

『耳から始まる恋愛』

『耳から始まる恋愛』*カラコンと名前-24



「兄さんも(お酒に)弱いけど、智もなんだね」
クスッと笑って俺の腕を取る。
「ほら、掴まって」
「・・・ぅん」

駅までこうやって歩いて、俺はさらに酔ったような気がする。
「・・無事に帰れるかなぁ」
「らいりょ、ぶ。か、ず叔父さん、ちゃケット、ちょーら・・っく」
「ああもう。ちっとも大丈夫じゃない。 一緒に行くから」
心配そうな和叔父さんが俺の事を構ってくれる。すごく嬉しくて、俺は和叔父さんに腕を絡ませた。
「いつもこんなに酔っぱらうのかい? 智。もうちょっと自分の限界量を・・」
「へーきへー・・・」
「きゃあ! 」
トン、とそれほど強くぶつかったとは思わなかったけど、向こうはそうじゃなかったみたい。
「もー、どうしてくれるのよ! これ、高かったんだから! 」
「亜子、やめなよ」
「あ・・、ごめん」
俺よりは年上な女の人たち二人、のうちの一人が何か食べ歩きしてたらしく、服に何かがべったりついている。

「あら? 」
謝って頭をあげた俺を見て、亜子、とよばれた人がじーっと俺を見る。
「ふぅん、なかなかじゃない。
よし、私にキスしたら許してあげる」

はああ?

「よ・よしなよ亜子。 ごめん、この子酔っぱらってるから気にしないで。行こ」
「や! 謝ったって許してあげない。 キスくらいしたって減らないでしょー。しなさ
いよっ」

あっちも酔っぱらいなのか。しかも絡んでくるし。
けど、キスなんて・・。


↓ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ





 酔っ払いに絡まれた酔っぱらい~~。
どうする? 和叔父さんっ(← 違う

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

らいりょぶ?しゃとるくん?
(大丈夫?智君?)

わらしまで、ふりゃふりゃしてきりゃいしょうらわ
(私迄、フラフラして来ちゃいそうだわ)

と、私自身こんな風になるまでには
そうですねぇ・・・ワインならボトル1本。
サワーなら8杯程度飲まないとならないかなぁ…?←現在値
若い頃ならこの倍位だったかもwwww

亜子さんとやら、シェクハラですぞ!
申し訳ないけど酔って本性見えたらドン引きされるタイプかもww

和叔父さんがいなければ酔いは一気に冷めてダッシュして逃げたかも?

Re: No title

うさメリさま。 ようこそ。


> らいりょぶ?しゃとるくん?
> (大丈夫?智君?)

> と、私自身こんな風になるまでには
> そうですねぇ・・・ワインならボトル1本。
> サワーなら8杯程度飲まないとならないかなぁ…?←現在値

おおお、うさメリさま、お強いですねー。私はサワー2杯くらいが限界。多分智くんより弱いです。。

亜子さんには亜子さんの事情があるそうですよ。
「そーなの~。聞いてよっ。あのセクハラ部長、今度は妹が先に結婚したのをあてこすってくるのよーー! な~にが『適齢期は人それぞれだけど望みが高すぎるのも・・・』よっ。私はねェ・・・」
はいはい、今日はもう帰りましょうね。


> 和叔父さんがいなければ酔いは一気に冷めてダッシュして逃げたかも?

酔いは醒めます、別の意味で。 腐腐、どうなりますか・・・。



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top