FC2ブログ

10000拍手記念SS

10000拍手キリ番・鍵コメさーさまからのリクエスト。 ②

今日はRになります。 R-18なので、年齢に達しない方、苦手な方はご遠慮ください。 大丈夫な方、スクロールしてどうぞ。
新井くん、ホテルだし遠慮しなくて良いからね(いつもだけど。笑)。































食べ終えた食器を下げてもらい、欠伸をするひろさん。俺は気付かれないよう、
「シャワー浴びてくる」
と浴室へ。カラスより早く戻ってくると、椅子に座ったままウトウトしてる。
チャンス。
「もう、眠い? 」
「う・・ん」
「連れてったげようか? ベッド」
「それくらい大丈夫だ」
「俺がしたいの。いいだろ? 」
立ち上がりかけた側に行き、ほら、と肩を出す。
「なら、掴まるか」
よっ、と立ち上がった腰に手を回し、
「崇? 」
感付かれないうちにベッドへなだれ込む。
「おいっ」
見上げる、少し怒った顔に、
「だってさ、ひろさん、昼間っから俺のこと煽るから」
「誰が。煽ってなんか・・っ」
「ここが、誘ったんだ」
バスローブの合わせから手を入れ、胸の柔らかな粒を撫でる。
「んっ・・、よ、せ」
「止められないんだ、もう」
「明日も、仕事で」
「一回だけ」
それ以上は言わずに唇を塞いだ。

ひろさんがいやいやと顔を横に振るのを髪で感じる。そう、俺は手と口でひろさんの胸を弄りたおしていた。
「ぁ・あっ。や、めろ・・っ、そ、っこば・か・・、っ」
うん、自分で思ってる。どうして今日はココに拘ってるんだろうって。
「俺にも、わかんないよ」
「ゃめっ、喋る・なっ。・・んハァッ」

平日の夜。ホテルの部屋。いつもと違う状況で見た、いつもと違うひろさんのエロい姿。
それらが全部、二つの胸の粒に集約されて俺をしつこくさせてるのかもしれない。
(ひろさんも感じてるし)
反応のしかたが違うのを、二人して気付いてる。それが余計恥ずかしいのか、必死になって引きはがそうとするんだけど、そのたび歯を立てたり、強く摘まんだりして抵抗してた。

意地になるひろさんも、可愛いんだ。

「んあァッ」
「ひろさん? 」
声が、変わった?
ひろさんの弱点は俺が見つけた腰骨だけじゃ、無かった?

「ひろさん、ここも弱いの? 」
べろっと乳首とその周囲を大きく舐める。
「や・・っあ、やだ、するなっ。崇っ」
俺の体の両脇で足を動かし、逃げようとするのを、指の間で硬く立ってる粒を挟むことで阻止する。
「ひッ、やだ、や・・っだ、もう」
全身に汗が浮かんできたのか、肌が離れると空気に触れるのが分かる。そして、腹の間にあるひろさんの雄がクッと容積を増した。
「・・出そう? 」
「・・か・ら、そこで、喋・・な、っんんー・・」
腕をつかんでた指が食い込み、熱いものが広がっていく。

イっちゃったんだ。

荒く息をするひろさんに、俺も、
「挿れさせて」
熱っぽく耳に息をかけ、バスローブを大きく開いて吐き出された白蜜を指に掬う。
「一度、だけだ、からな・・」
「うん」
指で襞を押し分け、埋めればもう、
「う・わ」
驚いて声が出てしまう。だって、
「すご・・」
「それ以上、言ったら、・・止め、るから・・なっ」
「言わない」
急いで応え、指を二本捻りながら入れた。
「はあぅっ、い・・」

傷つけたくない、イイ気持ちになってほしい。けど俺も限界で。。

「ぁぁああ・・っ! 」
入れた欲棒も中も熱くて、突き上げて、引き出しても少しも冷めない。
「い・・、ィいっ、そ、擦・・て、は、ぅんん・・っ」
手と足でしがみつき、俺を求めてくれるひろさんに、俺も欲しいだけひろさんを貪って、、果てた。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ






ひとまず終われました。。  ハァ ハァ ・・。 バッタリ・‥…━━━☆・‥…━━━☆
明日、間に合わせられるように、します。。。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵付きの鍵コメ探偵さま。 ようこそっ。


ははは・・・。
でしたね。 とーきどき、「やっちまったー! 」 をしてオリマス、はい(大汗)。
全て、私の不徳の致すところ (← 違う 
それも楽しんでもらってー。 恵まれてます、私。



ありがとうございました。

新井君の乳☆首攻め…それでイッちゃう苑田さん…私の萌えツボが猛烈に刺激されております(///∇///)
あぅあぅ、こんなに素敵なシチュエーション堪りません‼

続きが楽しみで楽しみで(*≧∀≦*)
萌え転げてジタバタしながらお待ちしております!

乳☆首って、☆入れずにコメしたらはじかれました(苦笑)イヤン,モ~

Re: タイトルなし

鍵コメさーさま。 ようこそ。


> 新井君の乳☆首攻め…それでイッちゃう苑田さん…私の萌えツボが猛烈に刺激されております(///∇///)

「へへ、頑張った甲斐がありましたねー。あそこも弱点だったのが初めて分かったし」
「うるさい」
鍵コメさーさまのお気に召していただけたようで、こちらも顔が (///∇///)。。


> 続きが楽しみで楽しみで(*≧∀≦*)
> 萌え転げてジタバタしながらお待ちしております!

2つめも気に入ってもらえるといいなあ。 ドキドキです~~。 



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top