FC2ブログ

10000拍手記念SS

10000拍手キリ番・鍵コメさーさまからのリクエスト。 ⑨

さあ、今日が最後になりました。 もちろんR-18・・、になれたかな? 年齢に達しない方、苦手な方はご遠慮ください。大丈夫な方、スクロールしてどうぞ。





























ひろさんが部屋を出てすぐ、ベッドに潜り込む。温もりと残像が俺を刺激して、横を向いてないと毛布の上からでもテント張ってるのが丸わかり・・な気分。
(あ、来た)
「おかえり」
「何やってんだ? 」
顔だけ出して言ったら、呆れた顔になる。めげずに、
「だって寒い。早く一緒にくるまろう」
「テーブルの上に置いてあったのは? 」
「ぬるくなっちゃったから明日でもいいよ。こっちが暖かいし、ひろさんが来ると倍あったかくなる」
「俺の布団だ」
「湯たんぽ代わり」
「抱きついてくる湯たんぽか? 」
くすっと笑い、そっちに詰めろ、と来てくれる。言われた通り抱きつき、
「ひろさん~」
「幼稚園児じゃあるまいし」
「好きな人にくっつきたいのは何歳でも同じだよ」
「幼稚園児はこんなことしな、い・・っ」
ぺちっと手を叩かれる。
「いーじゃん恋人なんだから」
はた、と動きが止まった隙に顔を近づけ、ちゅっとキスする。
「た・・」
「なま崇が、ひろさんをよくしてあげる」
「な、あ」
がばっと上に乗って腰を押し付けた。
「ひろさんが好きで、欲しくて、いつでも触っていたい。・・・・だめ? 」
推しつけた熱い塊にうろうろ目を泳がせていたけど、
「駄目じゃ、ない。。俺も、・・・好きだ」
はっきり返してくれる。

う わ あ。

「おい、崇・・っ」
もう、張り切るしかない!

「だ・から、も・・っ、ゃあ」
「そん、じゃ、・・こっち? 」
「ひぁ、んんッ・・」
「ひろさん、好き・・だ」
「ぁ・・、俺、も。・・っは、イイ」
その一言にスピードが上がる。

「あ・あっ、強、いィ・・ん。くハぁ」
「ひ・・ろさっ。だけだ、から、も・・っと、言って」
「・・っ、――っい、やあ、そこっ」
「いい、だけだよ。ここ、感じて・・・、んあっ?! 」
強く揺さぶってる最中、最奥を突きあげたらぎゅうう、と絞られる締めつけにあって、

どくん・・・、と。

「あ・ぁ・・あ。 ク・・、いっ」
わずかな差でひろさんも極まって、二人の腹の間に温かいぬめりが広がった。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ







 ひゃああ!記事をチェックした後予約チェックを忘れてました!  ゴメンナサイ。。🙇

新井くんムラムラ、終わりました。いかがだったですか? 楽しんでもらえたでしょうか・・・?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

堪能致しました!!

新井君ムラムラ三本勝負(笑)を本当にありがとうございました!!
キリ番に当たるなんて初めての体験だったもので…嬉しくて三つも妄想を言ってしまったら!
その全てを叶えてくださったますみ様、女神様ですv-238
苑田さんが新井君にしっぽ振られまくりで体力が大変かな、と思いつつも、フェロモン出しまくる苑田さんが大好きなので…( *´艸`)
あ、苑田さんも満更でもない感じでしたがv-238

我儘なお願いをこんな素敵なものにして頂きありがとうございました!
本編もまた楽しみにしております(´▽`*)

Re: 堪能致しました!!

鍵コメさーさま。 ようこそ。


> 新井君ムラムラ三本勝負(笑)を本当にありがとうございました!!
>
> 苑田さんが新井君にしっぽ振られまくりで体力が大変かな、と思いつつも、フェロモン出しまくる苑田さんが大好きなので…( *´艸`)

新井くん、大喜びでしたねー。
「俺は毎回されるのか? 1回くらいパスしても・・」
「駄目だよ、ひろさん。リクエストなんだから(にやにや)」
って会話があったやら。 腐腐
このあとはもちろんご飯を作った(作らされた?)新井くん。幸せそうな顔してたと思いますよ。
私も、楽しんで書かせていただきました♥


> 本編もまた楽しみにしております(´▽`*)

はい、今日ちょっとだけ続いて、明日から本編に戻ります。 楽しんでもらえるようにねじり鉢巻きしますね~。



ありがとうございました。
トラックバック
コメントフォーム













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ますみ

Author:ますみ
FC2ブログへようこそ!
BLと、雑談をしています。週末オープン。

最新トラックバック
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました!
よろしければポチっとしてください(ペコ)。

Page Top